コンテンツにスキップする

独首相:EUサミットで仏大統領と意見衝突をためらわない

ドイツのメルケル首相は、債務危機 の収束を目指す23日の欧州連合(EU)首脳会議ではオランド仏大統領 と意見の衝突が起きることも辞さないと語った。

メルケル首相は21日、シカゴで記者団に対し、「良い協力関係が続 いている」としながらも、「だからといって意見の食い違いがなくなる わけではない。欧州の議論の中でこうした相違は起こり得る」と発言し た。

オランド大統領は、ブリュッセルで開かれる首脳会議でユーロ共同 債について協議したい考えだ。モスコビシ仏財務相はこの日ベルリン で、「全てが議論の対象になる」と述べた。メルケル首相は、各国の国 債利回りに格差が存在することによって、弱い国が経済を改革し、競争 力を向上させる意欲が生まれるとして、ユーロ共同債に反対している。

メルケル首相は「重要なのは賢明な解決策を見いだすことだ」とし た上で、「それが私のやり方であり、オランド大統領からもそのような 感触を得ている」と説明した。ただ、EU首脳会議で具体的にどの点で 意見対立が生じる恐れがあるかについては言及しなかった。

原題:Merkel Says She Won’t Shy From Clash With Hollande at EU Summit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE