コンテンツにスキップする

JPモルガンの損失は拡大も-取引相手方のプラット氏

米銀JPモルガン・チェースは欧州 の債務危機が悪化すれば信用市場での取引の失敗による損失が膨らむ可 能性があると、同取引の相手方となったヘッジファンドの1つが指摘し た。

ヘッジファンド、ブルークレスト・キャピタル・マネジメントの共 同創業者のマイケル・プラット最高経営責任者(CEO)は21日、ブル ームバーグテレビジョンとのインタビューで、JPモルガンは問題の 「ポジションを解消してはいない」とした上で、「欧州が短期的に最悪 の事態となった場合には恐らく、持っていたいようなポジションではな いだろう」と指摘した。

プラット氏によると、ブルークレストは一部の信用デリバティブ (金融派生商品)の価格に「異常」を見いだした後、JPモルガンの反 対の「小規模な」ポジションを組んだ。価格が正常化すればブルークレ ストには利益が出るという。

JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOは10日に、チーフ・イ ンベストメント・オフィス(CIO)部門の取引による20億ドルの損失 を明らかにし、今四半期中に最大でさらに10億ドルの損失が生じる可能 性があると述べていた。

ヘッジファンドはクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)に 連動する指数の取引によってJPモルガンのポジションから利益を上げ ることが可能だが、JPモルガンのトレーダーだったこともあるプラッ ト氏は、ブルークレストがJPモルガンと反対のポジションを取ったの は通常の業務の一部で、同行を困らせるつもりはないと語った。

ダイモンCEOは問題のポジションの解消を急がない考えを示して いた。プラット氏もこのアプローチに賛同し、JPモルガンは「最終的 にポジションを解消することができるだろう」と語った。ダイモン CEOはこの日の投資家会議で、損失限定の取り組みは進展していると 述べたが、損失がどの程度膨らむかの見通しについての質問には回答を 控えた。

プラット氏はまた、欧州危機はギリシャがユーロ圏を離脱すれば急 速に悪化し得るとの見解も示した。

原題:JPMorgan Counterparty Platt Says Bank’s Trading Loss May Widen(抜粋)

--取材協力:Jesse Westbrook、David Scheer.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE