コンスタンシオECB副総裁:インフレを懸念する状況にない

欧州中央銀行(ECB)のコンスタ ンシオ副総裁は、将来のインフレについて世界各国が懸念する必要はな いとの認識を示した。

副総裁は21日、東京都内でのイベントで、「世界的に、将来のイン フレ懸念を正当化できるような信用拡大の勢いは見られていない」と指 摘。またマネタリーベースの拡大が、「必ずしも信用の拡大を意味する わけではない」と加えた。

さらに、「特に流動性をはじめとするマネタリーベースの動向がイ ンフレに影響を及ぼさない期間が長く続く可能性はある」と述べた。

原題:ECB’s Constancio Sees No Justification for Inflation Concerns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE