コンテンツにスキップする

香港株:下落-中国の成長支援観測も欧州懸念払しょくできず

香港株式市場ではハンセン指数が4 営業日続落。中国が一段の成長支援策を講じるとの観測は好感されたも のの、指数を押し上げるには至らなかった。今週は欧州債務危機につい て協議する欧州首脳の会議を控えている。

欧州最大の銀行、英HSBCホールディングス(5 HK)は1%安。 売上高の79%を欧州で稼ぐ衣料小売りエスプリ・ホールディングス (330 HK)は2.1%の値下がり。中国最大のインターネット企業、テン セント・ホールディングス(騰訊、700 HK)や婦人靴製造・販売の百麗 国際(1880 HK)も下落した。

一方、中国建設省傘下の不動産開発会社、中国海外発展(688 HK) を中心に不動産株は上昇。温家宝首相は中国が経済成長促進に一段と注 力すると表明した。

ハンセン指数は前週末比29.53ポイント(0.2%)安の18922.32で終 了。構成銘柄中、値上がりと値下がりの比率は約3対2。ハンセン中国 企業株(H株)指数は同0.1%高の9582.46。

野村ホールディングスのグローバル株式戦略責任者、マイケル・カ ーツ氏は「ギリシャがユーロ圏から離脱した場合には、波及を恐れる心 理に駆られた急速な売りが広がると考えている」と述べた。

原題:Hong Kong Stocks Drop as China Speculation Trumped by Euro Woes(抜粋)

--取材協力:Yoshiaki Nohara、Norie Kuboyama.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE