コンテンツにスキップする

ドイツの緊縮優先政策、世界経済に大惨事-英労働党議員

英野党・労働党の影の財務相、エ ド・ボールズ議員は、ドイツがユーロ圏各国に対する歳出削減圧力を緩 和しない限り、世界経済は「大惨事」に直面するとの見方を示した。

ボールズ議員は20日のスカイニューズとのインタビューで、「これ は英国、欧州、そして世界にとって大惨事であり、ドイツが方針転換す る必要性を誰かが説得しなければならない」と述べた。

欧州では3年に及ぶ危機の結果、ギリシャがユーロ圏離脱の瀬戸際 にある。米ワシントン郊外で開かれた主要8カ国(G8)首脳会議でド イツのメルケル首相は、財政緊縮策を第一とする姿勢を変更するよう強 く迫られた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE