コンテンツにスキップする

ドコモCFO:スマホ今期シェア過半数も-多彩さでアップル対抗

国内携帯電話首位NTTドコモは スマートフォン(多機能携帯、スマホ)で今期(2013年3月期)に過 半数の国内シェア獲得を目指す。現予想は47%だが、高齢者向けなど 多彩な機種の投入で、米アップルの「iPhone(アイフォーン)」 を扱う他社に対抗し、上積みを狙う。

坪内和人最高財務責任者(CFO)が18日のブルームバーグ・ ニ ュースのインタビューで明らかにした。アイフォーンは現在、同2位K DDIと同3位ソフトバンクが国内での販売を代行している。

ドコモの今期スマホ販売目標は1300万台と、調査会社MM総研に よる国内出荷予測2790万台の47%。前期実績46%と大差はない。し かし坪内氏は「我々の予想を上回るスピードでスマホは普及しており、 1300万台の目標を超える可能性がある」と語った。

同社は16日、KDDIの約3倍の16機種を夏モデルとして投入す ると発表。坪内氏は「従来は機種によって性能にばらつきがあったが、 夏モデルはそれぞれがアイフォーンと戦える」と主張した。

坪内氏は、今年は主婦やシニア層にもスマホが浸透するとして、高 齢層向けに操作を簡易にした「らくらくスマホ」 を今夏に投入する利 点を強調した。同社統計によるとドコモ携帯の契約者の42.3%は50代 以上となっている。

SMBC日興証券の森行真司アナリストは夏向け端末の「競争力が 増し、市販価格も安くしているためシェア上昇は可能」とコメント。た だ、シェアを追いすぎて説明が不十分になれば、顧客満足度が下がるリ スクもあると指摘した。

ドコモは14日、イタリアのコンテンツ(情報の内容)配信会社ボ ンジョルノ買収を発表。坪内氏は、ボンジョルノや09年に買収したド イツのネットモバイルのインフラや顧客基盤を活用し、今夏の端末発表 会で導入を表明したアニメ配信サービスの海外展開を検討中だと述べた が、開始時期には言及しなかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE