クレディS、6100億円規模の不動産ファンド清算へ-償還請求

更新日時

スイスの銀行クレディ・スイス・グ ループはドイツの不動産に投資する60億ユーロ(約6100億円)規模の投 資信託を清算する計画だ。投資家からの償還請求額が予想を大きく上回 り手元資金で応じられなくなった。

クレディ・スイスのドイツ不動産管理部門の21日の発表によると、 このファンド「CSユーロリアル」は5年以内に清算される。2週間前 には運用会社のSEBアセット・マネジメントが、やはり償還請求に応 じられないため、ほぼ同じ規模の不動産ファンドを清算すると発表して いた。

クレディ・スイスの当該部門責任者のカールハインツ・ホイス氏は 発表文で「償還請求が当初予想を大幅に上回った」と説明した。CSユ ーロリアルは償還請求に備え現金16億ユーロを準備したという。

2009年に収束した世界的なリセッション(景気後退)以降、ドイツ のオープンエンド型不動産ファンドは償還請求に応じるのに苦しんでお り、7つのファンドの閉鎖が決まった。スイス最大の銀行UBSが保有 するファンドも含め幾つかのファンドが今年、清算か再募集かを決める 期限を迎える。

ラサール・インベストメント・マネジメントの地域ディレクター、 クラウス・トーマス氏(ミュンヘン在勤)は、「5年という期間は、同 ファンドが資産を秩序立って売却するのに十分なはずだ」と指摘。「こ の種の資産の需要は依然大きい」と説明した。

償還請求に見舞われている不動産ファンドの中では、CSユーロリ アルとSEBのファンドが最大。CSユーロリアルはドイツのほかにイ タリアのショッピングセンターなどの資産を持つ。SEBのファンドは ベルリンのポツダム広場のビルなどを保有する。

クレディ・スイス・アセット・マネジメントは2年間の凍結後、 CSユーロリアルの償還請求の受け付けを9日から開始していた。

原題:CS Euroreal Investors Spark Liquidation of $7.6 Billion Fund (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE