コンテンツにスキップする

G8サミット開幕、初日は安保問題協議-19日の焦点は欧州

主要8カ国(G8)首脳会議(サミ ット)が18日夜、米メリーランド州キャンプデービッドで2日間の日程 で開幕した。初日はイランの核開発の阻止やシリアの平和な政治的移行 のための方法を検討した。

米当局者が匿名を条件に記者団に説明したところによると、18日夜 の夕食会では安全保障問題が議論された。首脳らはシリアのアサド政権 からの政治的移行について迅速な行動の必要性を認めたほか、イランが 敵対的な目的で核技術を追求してはいないことを示すために具体的な措 置を講じる必要性を確認。北朝鮮にはミサイルや核プログラムによるさ らなる挑発行為を自制させねばならないとの見解で一致した。

当局者によれば、19日の最初の討議では、欧州ソブリン債危機が焦 点になる。オバマ米大統領は18日にサミットに向かう前に、欧州債務危 機は世界経済にとって「非常に大きな重要性」のある問題だと述べ、財 政責任と成長促進策をどう両立させるかについて「有意義な話し合い」 を期待していると語った。

オバマ米大統領はサミット前にフランスのオランド新大統領とワシ ントンで会談。オランド仏大統領は成長が財政再建と共に優先しなけれ ばならないとの立場で米大統領と一致したと述べ、ギリシャがユーロ圏 に残留すべきであり、そのためにできることを実行する必要があるとの 意見を両大統領が共有していることを明らかにした。

オランド仏大統領は18日に英国のキャメロン首相ともワシントンで 会談した。キャメロン英首相は欧州連合(EU)の金融取引税導入に向 けた試みには拒否権を行使すると警告した。

原題:Security Issues Open G-8 Talks With European Debt Next on Agenda(抜粋)

--取材協力:Ilya Arkhipov、Alan Bjerga、Helene Fouquet、Rebecca Christie.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE