フェイスブック株、取引初日は急騰後に失速-幹事が買い支え

18日の米国株式市場では、ナスダッ ク市場に上場したフェイスブック株が新規株式公開(IPO)価格を一 時18%上回ったものの失速し、ほぼIPO価格付近で取引を終えた。

フェイスブックの終値は38.23ドルと、IPO価格の38ドルを23セ ント上回ったに過ぎない。前日のIPOでは4億2120万株を売却、160 億ドルを調達した。時価総額は1042億ドル。

事情を知る関係者によると、引受幹事となった金融機関は株価が38 ドルを割り込まないようにフェイスブック株に買いを入れた。IPO価 格に基づくフェイスブックの時価総額は年間利益の約107倍と、S& P500種株価指数の採用企業のうちアマゾン・ドット・コムとエクイテ ィ・レジデンシャルの2社以外全てを上回った。

パリセード・キャピタル・マネジメントの最高投資責任者 (CIO)、ダン・ベルー氏は「フェイスブック株にはのりしろ部分が あまりない。こうした株は若干低めの株価のほうが流通市場で買いが入 るものだ」と述べた。

取引が非公開だとして匿名を条件に述べた関係者の1人は、ナスダ ックOMXグループが株取引執行のメッセージ伝達で困難が生じた際、 引受幹事がフェイスブック株を購入したと語った。フェイスブックの広 報担当はコメントを避けた。

学生寮プロジェクトから出発

ザッカーバーグ氏はハーバード大学の学生寮で始めたプロジェクト を10年足らずで9億人超のユーザーを持つSNSに飛躍させた。しかし 売上高の伸びは3年連続で減速する見込みで、広告収入の伸びは利用者 拡大のペースに追い付いていない。

IPO仮条件(34-38ドル)価格の上限でIPO価格が決定したフ ェイスブックの時価総額は3月末までの1年間の売上高の26倍だった。

史上2番目の規模

ブルームバーグの集計データによれば、フェイスブックの160億ド ルのIPOは追加売り出し(オーバーアロットメント)を除いたベース では、ゼネラル・モーターズ(GM)の株式公開を超えて米国では史上 2番目の規模。

GMは2010年11月に158億ドルのIPOを実施した後、オーバーア ロットメントの実施で規模が181億ドルに膨らだ。米国最大のIPO は08年のビザの179億ドルで、その後同社のIPOの規模は197億ドルに 拡大した。フェイスブックの引受幹事はIPO価格で6320万株を追加購 入できる権利を持つ。この権利を行使した場合、IPO規模は184億ド ルとなる。

フェイスブックはIPOに際し、モルガン・スタンレーやJPモル ガン・チェース、ゴールドマン・サックス・グループなど30行以上を引 受金融機関として採用した。約1億7600万ドルの手数料収入は各行で分 け合うもようだ。

原題:Facebook Stalls in Public Debut After Record $16 Billion IPO (1)(抜粋)

--取材協力:Lee Spears.