コンテンツにスキップする

ギリシャ急進左派党首:政治勢力や投機家が「脅しの策略」

救済合意に反対するギリシャ急進左 派連合(SYRIZA)のツィプラス党首は、ユーロ圏の将来をめぐり 一部政治勢力や投機家が「脅しの策略」をめぐらせていると警告した。

同党首は18日、欧州議会のマーティン・シュルツ議長とのアテネで 会談後、「こうした脅しの策略は、火遊びをしている政治勢力や投機ゲ ームを楽しんでいる投機家がめぐらしている」と断じた。その上で、 「私は、ギリシャがユーロ圏において、メンバーとしての責務を負うが 権利も有する対等なメンバーであること、またあり続けなければならな いという自らの信念を表明した」と述べた。発言の内容は電子メールで 送付された。

ツィプラス党首はまた、ユーロ圏には「家主も賃借人もいない」と し、「ギリシャの問題はギリシャ特有の問題というわけではない。欧州 という枠組み全体の一部分だ。よってこれは欧州の危機であり、ギリシ ャの危機ではない」と加えた。

原題:Greece’s Tsipras Expresses Concern About Scare Tactics on Euro(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE