アジア株:下落、MSCI指数が今年の上昇分を帳消し

18日のアジア株式相場は下落。指標 のMSCIアジア太平洋指数が今年の上昇分を帳消しにしている。米経 済指標が予想を下回ったことに加えて、欧州債務危機が深刻化する中で 格付け会社がスペインの銀行やギリシャの格付けを引き下げたことが響 いた。

売上高の4割を欧州と米州市場で稼ぐ韓国のサムスン電子はソウル 市場で4.7%下落。日本の機械関連株も安い。業界の指標である米キャ タピラーの売上高の伸びが鈍化したことが響いた。

香港市場に上場する中国企業で構成するハンセン中国企業株(H 株)指数は、2月29日の年初来高値からの下落率が一時20%に達した。 中国の4月の新築住宅価格は、調査対象の70都市のうち46都市が前年同 月比で値下がりし、その数は過去最多を記録した。

トヨタアセットマネジメントの浜崎優チーフストラテジストは、ギ リシャ情勢の不透明感を指摘し、最悪のシナリオが何かということさえ 分からないため、できることといえばリスク回避だけだと語った。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後3時53分現在、前日 比2.8%安の112.25と、昨年11月以来の大幅安。騰落銘柄比率は上昇1 に対して下落が約16。このまま推移すると週間下落率は5.4%と、昨年 9月以来の大きさとなる。

日経平均株価は前日比265円28銭安の8611円31銭で引けた。

原題:Asian Stocks Erasing 2012 Gains as U.S. Data, Europe Sow ‘Panic’(抜粋)

--取材協力:Adam Haigh.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE