ギリシャとスペイン、イタリア、ポ ルトガル、アイルランドの5カ国(いわゆるGIIPS)の国債と銀行 債、社債を保証するクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)の販 売を米銀が拡大している状況が、国際決済銀行(BIS)の最新のデー タで明らかになった。

BISによれば、米国の金融機関が提供するこれらのCDSによる 保証額は、昨年10-12月(第4四半期)に5670億ドル(約45兆円)と前 期比10%増加した。

米国におけるCDSの2大引受業者であるJPモルガン・チェース とゴールドマン・サックス・グループは、CDSの購入が販売を上回っ ていることを公表し、ユーロ圏でのデフォルト(債務不履行)発生の場 合に利益を得る可能性を示唆している。

しかし、類似のデリバティブ(金融派生商品)を扱うJPモルガ ン・チェースのチーフ・インベストメント・オフィス(CIO)部門 で20億ドル(約1600億円)の損失が発生したことは、結果が本当にそう なるか疑問を生じさせるとヒューストン大学のクレイグ・ピロング教授 (金融学)は指摘する。反対取引によってもリスクが相殺されないこと を今回の損失は物語る。

デリバティブ市場が専門のピロング教授は「これらのヘッジはいず れも一つのリスクを別のリスクと交換するにすぎない。銀行は欧州のリ スクが均衡していると言うが、それはポジションの総計に基づく話だ。 欧州危機が暴発すれば、どうなるか分からない」と警告する。

別のリスクとの交換

JPモルガンのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は 先週、同行のトレーディング戦略に不備があり、コーポレートクレジッ ト・デリバティブのポートフォリオ調整を試みていたことを認めた。

JPモルガンは監督当局への届け出で、GIIPS関連で販売した CDSの想定元本が3月末時点で1420億ドル相当、購入したCDS が1440億ドル相当であることを明らかにした。ゴールドマンが開示した CDSの想定元本は販売が1640億ドル、購入が1750億ドル相当だ。いず れの広報担当者もコメントを控えている。

原題:Banks in U.S. Sold More Insurance on European Debt as Risks Rose(抜粋)

--取材協力:Shannon D. Harrington.

a

Play Episode

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE