中国社会科学院:企業債務は警戒水準超える-新華社

中国企業の債務は警戒水準を上回っ ており、経済成長が減速した場合に企業のデフォルト(債務不履行)が 相次ぐ恐れがある。中国国営の新華社通信が中国社会科学院の李揚副院 長の話として伝えた。

同通信社によると、李副院長は会議で、企業では資産に占める債務 の比率が105%に達しており、景気下降の際には支払いに問題が生じる との見方を示した。適切な比率は80%だとしている。

また李副院長は、中国が債券市場を発展させる必要があると指摘。 同市場は金融機関が取引の大部分を占め、同国の債務総額の5%未満に とどまっていると述べた。

企業債務については、中国社会科学院が調べた20カ国中で最高の水 準だとし、足元の世界的な危機が続いた場合、その水準はさらに上昇す ると予測した。

原題:China Academy Sees Corporate Debt at Warning Level, Xinhua Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE