コンテンツにスキップする

米GM傘下のオペル、小型車「アストラ」生産を英工場に移管

米自動車メーカーのゼネラル・モー ターズ(GM)は、欧州部門オペルの小型車「アストラ」の次期モデル の生産を英国の工場に移管すると発表した。英国の工場は、アナリスト らが閉鎖の可能性を指摘していた2工場のうちの1つ。今回の発表によ り、残る1工場は閉鎖されるとの見方が強まった。

オペルは「アストラ」の次期モデルの生産を、独リュッセルハイム の工場から英エルズミアポートの工場に移す。GMによれば、リュッセ ルハイムの工場は今後もフル操業を続ける。閉鎖の候補とされている独 ボーフムの工場に関する計画は明らかにしなかった。

デュースブルク・エッセン大学の自動車リサーチセンター (CAR)でディレクターを務めるフェルディナンド・ドゥーデンホッ ファー氏は「ボーフムの工場が2015年以降、生産システムに残る可能性 はない」と指摘。「個人的な意見では、同工場は閉鎖される」と述べ た。

GMの17日の発表文によれば、オペルの英姉妹ブランド「ボクスホ ール」部門が操業するエルズミアポートの工場が、2015年に投入される 「アストラ」の次期モデルの生産拠点となる。

原題:GM Building Astra in U.K. Raises Doubts for Bochum Plant Future(抜粋)

--取材協力:Robert Hutton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE