スタンフォードのワイン・古美術品ファンド、80億円調達へ

シンガポールを拠点とするファミリ ーオフィス、スタンフォード・マネジメント・グループは、フランスの ボルドー産ワインと翡翠などの古美術品に投資するファンドで投資家か らの出資を募り、計1億ドル(約80億円)の調達を目指している。

スタンフォードのウィリアム・チャン会長によると、同社はワイン に投資するファンドで5000万ドル、アジアの古美術品を購入するファン ドで5000万ドルをそれぞれ調達する計画。富裕層の個人や他のファミリ ーオフィスから資金を調達するため国内外のプライベートバンクと協議 中であることを明らかにした。同社はチャン会長も含め3家族の資産を 運用している。3家族の資産は計約3億ドル。

スタンフォードは、急速な経済成長を遂げるアジアでの富の増大が 高級品需要を押し上げるとみている。米バンク・オブ・アメリカ (BOA)傘下のメリルリンチ・グローバル・ウェルス・マネジメント とキャップジェミニがまとめた「世界富裕層リポート2011年版」による と、アジアの富裕層の個人約330万人が保有する資産は計10兆8000億ド ルに達し、初めて欧州を抜いた。

チャン氏は16日、シンガポールでのインタビューで「富裕層の資産 は増加し、一段と専門的な資産運用が望まれている。アジアに目が向け られている」と指摘。有形資産を扱った方が「株式や債券より情緒的な レベルで結び付けやすい。株式や債券は現物資産ではなく銀行に預けて おくだけになるだろう」と述べた。

チャン氏によると、コーナーストーン・グラン・クリュ・インベス トメント・ファンドはボルドーを中心にイタリア、スペイン産の30 -100年物のワインだけに投資する。スタンフォード・アセットなどが このファンドに約500万ドルを出資しており、2010年5月-11年7月の リターン(投資収益率)は約28%だった。

原題:Stamford Targets $100 Million for Bordeaux Wines, Jade Antiques(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE