コンテンツにスキップする

エストニア:ギリシャのユーロ離脱、リーマン破綻ほど影響ない

エストニアのリギ財務相は17日、ギ リシャがユーロ圏を離脱した場合の金融市場への影響について、2008年 の米リーマン・ブラザーズ・ホールディングス破綻ほどはないとの見方 を示した。

同相は首都タリンで記者団に対し、「リーマン破綻時は全てが崩壊 し、本当のパニックが起こった」と指摘。このところ、われわれはギリ シャのユーロ離脱という観測に「徐々に慣れてきている」と述べた。ま た、「バランスシートからは巨額のギリシャ債務が減免された。ファイ アウォール(防火壁)も構築された」と説明した。

エストニアでは米リーマン破綻によって債務依存の不動産バブルが はじけ、資金流入が途絶するなどで、経済生産が2年間で5分の1ほど 縮小。欧州連合(EU)加盟27カ国の中でラトビアやリトアニアととも に最も打撃を受けた。

原題:Greek Euro Exit Wouldn’t Have Impact of Lehman, Ligi Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE