北朝鮮、原子炉の建設を再開-米大学の監視プロジェクトが指摘

北朝鮮は核兵器の開発におい て重要な一部となる原子炉の建設を再開した。米大学の監視プロ ジェクトが明らかにした。

ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAI S)が管理するウェブサイトによると、4月30日に撮影された商 業衛星写真は、北朝鮮の新たな実験用軽水炉を格納する建屋の完 成が近づいていることを示しているという。

同ウェブサイトの報告によると、原子炉は2014-15年に完成 するとみられ、電力のほか核兵器用の核分裂性物質の供給も可能 になる。報告は、国際原子力機関(IAEA)の元事務次長、オ リ・ハイノネン氏の発言として、原子炉が稼働可能になれば、北 朝鮮が「1年当たり1個強」の核兵器を増やすのに十分なプルト ニウムを生産できるだろうと指摘した。

原題:North Korea Seen Restarting Construction on Nuclear Reactor(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE