ヒューレット・パッカード:最大2万5000人削減検討-関係者

パソコン(PC)メーカーの米ヒュ ーレット・パッカード(HP)は、全従業員の8%に相当する最大2 万5000人の削減を検討している。経費を圧縮し、コンピューターやサー ビスの需要減退に対応するのが狙い。この計画について説明を受けた複 数の関係者が明らかにした。

計画は最終的なものではなく変わる可能性もあるとして匿名で語っ た同関係者らによると、このうち1万人から1万5000人は情報技術 (IT)サービスを企業に提供するグループが対象となる。同グループ は収益性が低下しているという。

昨年9月に最高経営責任者(CEO)に就任したメグ・ホイットマ ン氏は、前任のレオ・アポテカー氏更迭のきっかけとなった成長の落ち 込みを克服しようと取り組んでいる。米アップルの「iPad(アイパ ッド)」といったタブレット端末の方が消費者から好まれており、HP のPC販売は減少している。また、HPが提供しているようなITサー ビスからクラウドコンピューティングへのシフトが進んでいることに対 し、同社の対応は遅かった。

HPの広報担当、マイケル・サッカー氏はコメントを控えた。

人員削減に関するブルームバーグの報道を受け、HPの株価は一 時22.27ドルに上昇。終値は3セント高の22.06ドルだった。

原題:Hewlett-Packard Said to Consider Cutting Up to 25,000 Jobs (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE