中国の4-6月期のGDPは約7.5%増の可能性-中国証券報

中国の4-6月期の国内総生産 (GDP)は前年同期比で約7.5%増となる可能性がある、と中国証券 報が報じた。国家情報センター(SIC)の報告書を引用している。報 告書によると、4-6月期の消費者物価指数は約3.3%上昇、生産者物 価指数は内需鈍化で0.6%低下する公算がある。同紙によれば、不動産 価格の抑制策と外需の弱さが成長減速の主な要因。SICの報告書はマ クロ経済政策の微調整の拡大や、構造的な減税の積極的推進、企業の資

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE