コンテンツにスキップする

ギリシャ:銀行の資本増強1.8兆円-24日までに条件整う可能性

ギリシャ政府は、国内の4大銀行が 欧州中央銀行(ECB)のオペ資金を再び利用できるようにするた め、180億ユーロ(約1兆8100億円)相当の資本増強を近く完了する見 込みだ。同国の銀行再生基金の責任者、パナヨティス・トモプロス氏が 明らかにした。

トモプロス氏は17日の電話取材に対し、「全ての技術的・法的問題 が24日までに解決すると期待している。その後180億ユーロを投じるこ とが可能になるが、実際に支払いが行われるまでには数日を要する見通 しだ」と語った。

ECBは16日、資本増強が行われるまでの間、ギリシャの一部銀行 に対する直接の資金供給を停止すると発表。これらの銀行は、必要な資 金をギリシャ銀行(中央銀行)の緊急流動性支援プログラムに依存せざ るを得ない。総選挙後の連立協議が不調に終わり、再選挙を控えて一部 の政治家が救済合意の破棄を主張する中で、ギリシャの銀行預金に対す る圧力が高まっている。

原題:Greece Aims to Clear Bank Funding By May 24 as ECB Loans Halted(抜粋)

--取材協力:Elisa Martinuzzi、Marcus Bensasson.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE