コンテンツにスキップする

BRIC株が弱気相場入り-世界の経済成長めぐる懸念強まる

17日の株式市場で、ブラジル、ロシ ア、インド、中国の株価指標であるMSCI・BRIC指数は下落。欧 州の債務危機や米景気減速で輸出が落ち込むとの懸念が強まった。今年 の高値からの下落率は20%余りに達した。

MSCI・BRIC指数はニューヨーク市場で前日比1.3%安 の258.78で終了。3月2日に付けた年初来高値からの下落率は21%とな り、アナリストが弱気相場の目安とする水準に達している。ブラジルの 資産家エイキ・バチスタ氏が経営権を持つ港湾事業会社LLXロジスチ カを中心に、同国のボベスパ指数が下げた。。ロシアのMICEX指数 は3.5%安となり、これも弱気相場入りしている。MSCI新興市場指 数は4カ月ぶりの安値に下げた。

4月の米景気先行指数は市場予想に反して前月比で低下となり、景 気拡大ペースの減速傾向が示唆された。格付け会社フィッチ・レーティ ングスは、ユーロ圏に残留できない「リスクが高まった」としてギリシ ャの信用格付けを1段階引き下げた。ムーディーズ・インベスターズ・ サービスは、景気の弱さなどを理由にスペインの銀行16行の格付けを引 き下げた。

米TCWグループのチーフ・グローバルストラテジスト、コマル・ スリクマール氏は電話インタビューで、「新興市場はすでに自分たちへ の逆風に苦しんでいるが、今度は先進国の新たな状況悪化に打ちのめさ れるだろう」と指摘。「中国が景気減速に直面しているほか、インドの インフレ率は上昇し利下げが困難になっている。またギリシャはデフォ ルト(債務不履行)に向かっている。新興市場への足元の影響はマイナ スだ」と述べた。

原題:BRIC Stocks Enter Bear Market as Global Growth Concerns Deepen(抜粋)

--取材協力:Leon Lazaroff、Saeromi Shin、Zhang Shidong、Diep Ngoc Pham.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE