コンテンツにスキップする

米社債保証コスト、今年の最高水準-クレジットデリバティブ

17日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場では、米企業の社債保証コストが今年最高の水準 となった。米ムーディーズ・インベスターズ・サービスがスペインの銀 行の格付けを引き下げたほか、米雇用市場の改善がほとんど進んでいな いことが示す指標が響いた。

ブルームバーグの集計によれば、北米企業の信用リスクの指標であ るマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは、ニューヨーク 時間午後4時47分(日本時間18日午前5時47分)現在、4ベーシスポイ ント(bp、1bp=0.01%)上昇の122.9bp。これは日中取引では 昨年12月22日以来の高水準。ギリシャをめぐる不透明感を背景に、今月 に入り25bp余り上昇している。

欧州の深刻化しつつある債務危機が金融システムに波及し、世界の 経済成長が抑制され、体力の弱い借り手は債務返済不能に追い込まれる との懸念が広がった。米労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数 は37万件となり、ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予 想中央値(36万5000件)を上回った。

RSインベストメンツの運用担当者、マーク・グロース氏は「われ われが目にしている指標の数字は米国以外の地域に関する不安を補うに は十分でない」と指摘した。

原題:Default Swaps in U.S. at Year’s Highest Level on Spain Bank Cuts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE