コンテンツにスキップする

5月17日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ユーロ続落、欧州危機の波及を懸念-円は対ドルで上昇

17日のニューヨーク外国為替市場ではユーロが続落。スペインの入 札では発行額が目標上限にほぼ届いたものの借り入れコストが上昇、ユ ーロ圏内の金融危機がギリシャから波及しているとの懸念が強まった。

ユーロは主要通貨の大半に対し軟調に推移。格付け会社フィッチ・ レーティングスはギリシャの信用格付けを「CCC」と、従来の「B -」から1段階引き下げたと電子メールで発表した。ユーロ圏に残留で きないリスクが高まっていることを理由に挙げた。

円は対ドルで上げ幅を拡大。米国の新規失業保険申請件数が前週か ら変化せず、フィラデルフィア連銀管轄地区の製造業活動は5月に縮小 に転じた。

バークレイズの通貨ストラテジスト、アループ・チャタジー氏(ニ ューヨーク在勤)は、「政治面で欧州の今後には多くの不透明感があ る。投資家はその不透明感を取引している。つまりリスクの高い資産価 格が下落することを意味する」と述べ、「米国の景気には強弱混在の兆 候が見られることから、ドル・円相場にはやや向かい風となっている」 と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで0.1%安の1ユ ーロ=1.2698ドル。一時は1.2667ドルと、1月17日以来の低水準に下げ た。ユーロは対円では1.4%安の1ユーロ=100円68銭。一時は100円56 銭と、2月7日以来の安値に下げた。円は対ドルで1.3%上昇して1ド ル=79円28銭。79円14銭と2月17日以来の高値まで上昇する場面もあっ た。

スペイン入札

スペインの入札結果によると、2015年1月償還債の平均落札利回り は4.375%となった。4月に実施した前回入札では2.89%だった。15年 7月償還債の平均落札利回りは4.876%と、5月3日実施の前回入札 の4.037%から上昇。16年4月償還債の利回りは5.106%。

クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場ではスペイン債 を保証するコストが過去最高に上昇した。ブルームバーグのまとめたデ ータによると、スペイン債のCDSスプレッドは13ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)上昇して553となった。

米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスはサンタン デール銀行などスペインの銀行16行の格付けを引き下げた。景気の弱さ と政府の債務負担の増大を挙げている。ムーディーズは14日にイタリア の銀行26行を格下げし、2月13日にスペインの格付けを引き下げてい た。

ギリシャのユーロ離脱観測

ギリシャのユーロ離脱観測が高まり、欧州の高債務国の借り入れコ ストは上昇している。ギリシャの再選挙は6月17日に実施される。

欧州中央銀行(ECB)は一部のギリシャ市中銀行への流動性供給 を一時的に見送る意向を示した。ドラギ総裁は16日、ギリシャをユーロ 圏にとどめるためにECBが原理原則を曲げることはないと示唆した。 同総裁はギリシャ残留を「強く選好する」と述べた上で、ECBは引き 続き、条約の定めるところに沿って、「バランスシートの完全性の保持 という与えられた責務を遂行する」と言明した。

ウェルズ・ファーゴの為替ストラテジスト、ヴァシーリ・セレブリ アコフ氏(ニューヨーク在勤)は、「短期的な投機ポジショニングはす でにかなりユーロに対してショートとなっている。トレンドに代わりは ないだろうが、そのペースは減速する可能性がある」と述べ、「ユーロ は下げているが、その度合いはかなり漸進的だ」と続けた。

商品先物取引委員会(CFTC)が発表したヘッジファンドなどの 大口投資家による建て玉明細によると、8日に終了した週にユーロのシ ョートポジションは14万3984枚。今年1月には過去最高の17万1347枚だ った。

ドル指数

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)のド ル指数は0.2%上昇して81.5。同指数は14日連続で上昇してしている。

米労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整済み) は、前週から横ばいの37万件。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエ コノミスト予想の中央値は36万5000件だった。

フィラデルフィア連銀が発表した5月の同地区製造業景況指数はマ イナス5.8と、前月の8.5から低下した。ブルームバーグ・ニュースがま とめたエコノミスト調査の予想中央値は10だった。同指数はゼロが拡大 と縮小の境目を示す。

原題:Euro Falls to 4-Month Low on Concern Europe’s Crisis Spreading(抜粋)

◎米国株:5日続落、S&P500種は1月以来の安値-統計を嫌気

米株式相場は5日続落。S&P500種株価指数は1月以来の安値を つけた。経済指標への失望感から売りが続いた。スペインの銀行が格下 げされるとの懸念も悪材料。

S&P500種のセクター別では10業種のうち9業種が下げた。景気 先行指数とフィラデルフィア連銀地区の製造業景況指数が予想を下回っ たことが背景。キャタピラーやJPモルガン・チェースを中心に大型株 も安い。アップルは2.9%下落し、同社の時価総額は5000億ドルを下回 った。フェイスブックはハイテク企業として過去最大の新規株式公開 (IPO)で160億ドルを調達した。IPO価格は事前のレンジの上限 となった。

S&P500種株価指数は前日比1.5%安の1304.86。ダウ工業株30種 平均は156.06ドル(1.2%)安の12442.49ドル。ナスダック100指数 は2.1%安の2509.05。8日続落し、2010年以降で最長の連続安となっ た。小型株で構成するラッセル2000指数は2.3%安の754.33。米証券取 引所全体の出来高は約83億株と、3カ月平均を24%上回った。

ハバーフォード・トラスト(ペンシルベニア州)の調査ディレクタ ー、ティム・ホイル氏は「投資家はリスク回避に動いている」と指摘。 「この日は経済指標が重しとなり、欧州のドミノ現象に対する懸念もあ る。ギリシャのユーロ圏離脱だけではなく、ポルトガルやスペイン、イ タリアがどうなるかが問題だ」と述べた。

格下げ

S&P500種の過去5日間の下落率は3.9%となった。格付け会社ム ーディーズ・インベスターズ・サービスは17日、サンタンデール銀行な どスペインの銀行16行の格付けを引き下げた。景気の弱さと政府の債務 負担の増大に言及している。別の格付け会社フィッチ・レーティングス はギリシャの信用格付けを1段階引き下げた。

ロシアのMICEX指数とブラジルのボベスパ指数はともに直近高 値からの下落率が20%を超え、弱気相場入りした。S&P500種は4月 2日につけた約4年ぶりの高値から8.1%下げている。米国株オプショ ンの指標であるシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリテ ィ指数(VIX)は10%上昇の24.49と、昨年12月19日以来の高水準。 VIXはS&P500種の下落に備えたコストを示す。

S&P500種のセクター別では、裁量消費株や金融株、素材株も下 げが目立った。モルガン・スタンレーのシクリカル指数は2.3%下落。 ダウ輸送株平均は3.2%、KBW銀行指数は1.7%それぞれ下げた。キャ タピラーは4.4%安。JPモルガンは4.3%下げた。

アップル

アップルは2.9%安の530.12ドル。時価総額は4957億ドルとなっ た。SACキャピタル・アドバイザーズやバイキング・グローバル・イ ンベスターズなどのヘッジファンドは、アップルの株価が1-3月(第 1四半期)に48%上昇したのを好機と捉え、同社株を610万株売り越し た。

当局への届け出を基にブルームバーグが集計したデータによると、 基金や銀行、保険会社、その他投資家は1-3月期にアップル株を1520 万株売り越したが、このうち3分の1超をヘッジファンドが占めた。た だ、ヘッジファンドのポートフォリオでアップルが引き続き最も価値の ある保有銘柄であることに変わりはない。同業界は3月31日時点でアッ プル株を3780万株保有する。

グラディエント・インベストメンツのシニアポートフォリオマネジ ャー、マイケル・ビンガー氏は「アップルはいつもヘッジファンドが選 好する銘柄だ」と指摘。ただ「利益確定の動きがやや見られる」と述べ た。

原題:S&P 500 Tumbles to 4-Month Low Amid Disappointing Economic Data(抜粋)

◎米国債:10年債利回りが過去最低付近-経済指標悪化や欧州危機で

米国債市場では、10年債利回りが昨 年9月に付けた過去最低付近まで下げた。米経済指標で景気回復の腰折 れが示唆されたことが手掛かり。また、欧州の債務危機深刻化への懸念 から安全資産を求める動きも続いた。

10年債利回りは一時1.6886%に低下。これは、9月23日に1.6714% を付けて以来最も低い水準。米格付け会社ムーディーズ・インベスター ズ・サービスは、スペインの銀行の格下げを発表。一方スペイン政府 は、同国の銀行バンキアで大量の預金が引き出された事実はないと説明 した。米財務省はこの日、10年物インフレ連動債(TIPS)の入札 (発行額130億ドル、銘柄統合)を実施。最高落札利回りは、過去最低 のマイナス利回りとなった。

パイオニア・インベストメンツのバイスプレジデント、リチャー ド・シュランガー氏(ボストン在勤)は、「欧州発のニュースは切迫度 を増し続けている。今朝発表の米経済指標も一部は期待外れな内容だっ た」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによると、ニューヨーク時間 午後5時現在、10年債利回りは前日比6ベーシスポイント(bp、1b p=0.01%)低下の1.70%。同年債(表面利率1.75%、2022年5月償 還)価格は18/32上げて100 15/32。

30年債利回り11bp下げて2.79%。一時2.78%と、12月19日以来の 低水準を付けた。

「力強い需要」

CRTキャピタル・グループ(コネティカット州スタンフォード) の国債ストラテジスト、イアン・リンジェン氏は「期間が長めの国債の 利回りが大幅に低下したことからも明らかなように、米国債には質への 逃避からくる力強い需要があるようだ」と分析した。

ニューヨーク連銀はこの日、オペレーション・ツイスト(ツイスト オペ)の一環として、2036年2月から41年11月に償還期限を迎える国 債18億4000万ドルを買い入れた。

また米財務省は、発行総額990億ドルの国債入札を来週実施すると 発表した。内訳は2年債(発行額350億ドル)、5年債(同350億ド ル)、7年債(同290億ドル)。

この日実施された10年物TIPS入札では、最高落札利回りはマイ ナス0.391%。入札直前の市場予想はマイナス0.329%だった。これまで の過去最低は、前回入札(3月22日)で記録したマイナス0.089%。

インフレ期待

投資家のインフレ期待を示す10年債と同年限のTIPSとの利回り 格差(ブレークイーブンレート)は2.04ポイントと、1月23日以降で最 小を付けた。過去10年間の平均は2.15ポイント。

現在の5年後から5年間のインフレ期待を反映するブレーク・イー ブン・インフレ率(フォワードBEI)は16日に2.50%と、2カ月ぶり 低水準となった。3月19日には2.78%を付けていた。フォワードBEI は、FOMCが金融政策策定の際に役立てている。

米民間調査機関コンファレンス・ボードが発表した4月の米景気先 行指標総合指数(LEI)は前月比で0.1%低下した。ブルームバー グ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は0.1%上昇だっ た。前月は0.3%上昇。

またフィラデルフィア連銀が17日発表した5月の同地区製造業景況 指数はマイナス5.8と、前月の8.5から低下し、昨年9月以来の低水準と なった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査の予想 中央値は10だった。同指数はゼロが拡大と縮小の境目を示す。

原題:U.S. 10-Year Yields Approach Record Low on Economic Data, Europe(抜粋)

◎NY金:反発、昨年10月以来の大幅高-米指標下振れで追加緩和観測

ニューヨーク金先物相場は大幅反発。上げ幅は昨年10月以来の最大 となった。前日まで4営業日続落していたことや、米金融当局が追加の 刺激措置を発表するとの観測から、買いが膨らんだ。

金は過去4日間に3.7%下落。ギリシャが再選挙に突入すること で、同国がユーロ圏を離脱するとの懸念が高まった。この日発表された 5月の米フィラデルフィア連銀製造業景況指数はマイナス5.8と、縮小 に転じた。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査の予 想中央値は10だった。

アーチャー・フィナンシャル・サービシズの市場ストラテジスト、 アダム・クロフェンシュタイン氏(シカゴ在勤)は電話インタビュー で、「金はここのところ急激に値下がりしていたため、再び買いが入っ ている」と指摘。「軟調な米指標を受けて当局が何らかの緩和措置を検 討しているとの観測が強まっており、それも金にとって好ましい。いか なる緩和措置でもインフレ圧力になるからだ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比2.5%高の1オンス=1574.90ドルで終了。中心限月として は昨年10月25日以来の大幅上昇となった。

原題:Gold Advances Most Since October as Stimulus Bets Boost Demand(抜粋)

◎NY原油:続落、6カ月ぶり安値-欧州懸念や米指標で売り

ニューヨーク原油先物相場は続落。6カ月ぶりの安値となった。ス ペインの銀行が格下げされるとの観測や米国の製造業指標が予想を下回 ったことを背景に、経済成長や燃料需要が落ち込むとの懸念が強まっ た。

格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスはスペインの 銀行を格下げする方針だと、事情に詳しい関係者2人が明らかにした。 米フィラデルフィア連銀製造業景況指数は縮小に転じた。シーウェイ・ パイプラインの輸送方向逆転に向けた準備作業が完了したことを受け て、原油は一時上昇する場面もあった。

プレステージ・エコノミクス(テキサス州オースティン)のジェイ ソン・シェンカー社長は、「軟調な経済指標や欧州懸念が株価の重しに なっており、原油もつられて下げている」と指摘。「欧州をめぐる懸念 の高まりや期待外れの米指標がここ2週間くらい材料となっている」と 述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物6月限は前日 比25セント(0.27%)安の1バレル=92.56ドルで終了。終値としては 昨年11月2日以来の安値となった。年初からは6.3%値下がりしてい る。

原題:Oil Falls to Six-Month Low on Europe Concern, U.S. Economic Data(抜粋)

◎欧州株:4日続落、ギリシャ危機深刻化―スペイン銀行格下げ観測も

17日の欧州株式相場は4日続落。欧州中央銀行(ECB)がギリシ ャの一部銀行向け融資を一時的に停止したことが嫌気されたほか、スペ インの銀行格下げを米ムーディーズ・インベスターズ・サービスが発表 するとの観測が高まった。

スペインの銀行バンキアが14%下落。過去1週間の預金引き出しが 約10億ユーロに達したとの報道が響いた。英資材技術会社クックソン・ グループは6週間ぶりの大幅高。主力事業の分離検討を発表した。

ストックス欧州600指数は前日比1.1%安の241.63で終了。今回の下 落局面は3月22日以来最長となっている。ギリシャのユーロ離脱懸念を 受け、昨年12月28日以来の安値に下げた。前日公表された米連邦公開市 場委員会(FOMC、4月24-25日開催)の議事録は、追加的な米金融 緩和の可能性が残っていることを示したが、欧州株を反発させる材料に はならなかった。

MWBフェアトレード・ウェルトパピエルハンデルスバンクの株式 トレーダー、アンドレアス・リプコウ氏(フランクフルト在勤)は「ギ リシャが倒れれば欧州は大問題を抱えることになり、その後にスペイン やイタリア、ポルトガルに何が起こるか誰も分からない」と指摘。「そ うなってしまうと、米当局が市場にさらに資金を供給して米景気を押し 上げようとしても大した意味がなくなる。欧州の問題ですべてがかすん でしまうからだ」と説明した。

同日の西欧市場では、取引が行われた全10カ国で主要株価指数が下 落した。

原題:European Stocks Drop as ECB Pauses Lending to Some Greek Banks(抜粋)

◎欧州債:ドイツ債利回り、過去最低-スペイン借り入れコストが上昇

17日の欧州債市場ではドイツ国債相場が上昇。利回りは2年、 5年、10年物がそれぞれ過去最低を記録した。スペインのラホイ首 相が16日に市場での同国の資金調達アクセスが危険にさらされて いると発言。この日の国債入札で借り入れコストが上昇した。

オランダ10年債利回りもこれまでの最低となった。一方、ス ペインとイタリアの2年債利回りは上昇。アイルランド2年債は10 営業日続落。欧州中央銀行(ECB)がギリシャの一部銀行向け融 資を一時的に停止すると発表したことを受け、域内の金融危機が深 刻化しつつあるとの懸念が高まった。この日は欧州の株式相場も軟 調。スペインの銀行、バンキアが大きく下げた。

ドイツ銀行のユーロ圏金利戦略責任者、モヒト・クマール氏 (ロンドン在勤)は「市場では欧州周辺国の情勢がなお懸念されて いる」と述べ、「ギリシャが特に注目されている。中核国の国債は 引き続き堅調に推移するだろう」と続けた。

ロンドン時間午後4時18分現在、ドイツ10年債利回りは前日 比4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.43%。 一時は1.42%まで下げた。同国債(表面利率1.75%、2022年7 月償還)価格は0.365上げ102.98。2年債利回りは0.046%ま で下げた後、2bp低下の0.05%となった。5年債利回りは一時

0.475%まで低下した。

オランダ10年債利回りは5bp低下し1.925%と、ブルーム バーグが1990年にデータ集計を開始して以来の最低を付けた。

スペイン入札

スペイン政府はこの日の入札で計24億9000万ユーロ相当の国 債を発行。2015年7月償還債の平均落札利回りは4.876%と、2 週間前に実施された前回入札の4.037%から上昇した。2015年1 月償還債と16年4月償還債も発行した。

スペイン10年債利回りは前日比3bp上昇の6.32%。前日に は一時は6.50%を突破し、昨年11月以来の大台に乗せた。2年債 利回りは10bp上げ4.20%。前日には4.33%まで上げ、昨年12 月13日以来の最高となった。

原題:Bund Yields Decline to Record as Spanish Borrowing Costs Jump(抜粋)

◎英国債:5年債利回り、過去最低を更新-首相が欧州危機で警告

17日の英国債相場は上昇し、5年債利回りが過去最低を記録 した。欧州債務危機の影響回避策を模索する英国のキャメロン首相 は、緊縮策から逸脱することはないと言明した。

比較的安全な資産を求める動きが広がり、10年債相場は続伸。 キャメロン首相は欧州の各国首脳に対し、問題解決に失敗すれば 「すべての国に甚大なリスク」をもたらすと警告した。

ロイヤル・バンク・オブ・カナダ(RBC)の英国債ストラテ ジスト、サム・ヒル氏(ロンドン在勤)は、「国家防衛に向けてあ らゆる措置を講じるとの首相発言は、かなり力強い意思表示だ」と し、「こうしたセンチメントは利回りが到達した水準を正当化する」 と続けた。

ロンドン時間午後4時19分現在、5年債利回り前日比3ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の0.85%。一時は

0.827%まで下げ、ブルームバーグが1992年にデータ集計を開始 して以来の最低を付けた。同国債(表面利率1.75%、2017年1月 償還)価格はこの日、0.155上げ104.13。10年債利回りは2bp 低下し1.86%。16日には過去最低となる1.821%に達した。

原題:U.K. 5-Year Yield Falls to Record as Cameron Warns of Euro Risks(抜粋)

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor: Shigeki Mori 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE