コンテンツにスキップする

ギリシャ:支援受け入れ派の支持、初めて反対派を上回る-調査

ギリシャ国民に支持政党を問う世論 調査で、最大政党で国際支援受け入れを支持する新民主主義党(ND) が、6日の総選挙後で初めて、受け入れ反対派の急進左派連合 (SYRIZA)を上回った。

ギリシャのアルファテレビが報じた調査会社マークの世論調査によ れば、NDの支持率は23.1%、SYRIZAは21%となった。同じく支 援受け入れ派の全ギリシャ社会主義運動(PASOK)は13.2%だっ た。

これを一定の方式で議席数に置き換えると、議会の定数300議席の うち、NDは123議席、SYRIZAは66議席、PASOKは41議席と なる。支援受け入れ派のNDとPASOKの議席を合わせると過半数を 上回る。6日の総選挙では両党の合計議席数が149議席にとどまり、過 半数に満たなかった。

世論調査は15日から17日に1027人を対象に実施。誤差率はプラス・ マイナス2.7-2.6%。

原題:New Democracy Moves Ahead of Syriza, Greek Poll Shows (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE