ECBに一段の緩和余地ある、異例の措置も呼び掛け-IMF

国際通貨基金(IMF)は17日、欧 州中央銀行(ECB)には「一段の金融緩和余地がある」との認識を示 した。潜在的な物価上昇圧力が弱まる状況を理由に挙げた。

IMFのホーリー報道官は「インフレ率が2%を十分に下回る水準 に低下すると予想されるため、一段の利下げが可能だろう」と発言。 「さらなる異例の措置も必要かもしれない」と付け加えた。ECBの政 策金利は過去最低の1%。

原題:ECB Has Room for Further Monetary Easing, IMF Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE