コンテンツにスキップする

欧州債:ドイツ債利回り、過去最低-スペイン落札利回り上昇

17日の欧州債市場ではドイツ国債相 場が上昇。利回りは2年、5年、10年物がそれぞれ過去最低を記録し た。スペインのラホイ首相が16日に市場での同国の資金調達アクセスが 危険にさらされていると発言。この日の国債入札で借り入れコストが上 昇した。

オランダ10年債利回りもこれまでの最低となった。一方、スペイン とイタリアの2年債利回りは上昇。アイルランド2年債は10営業日続 落。欧州中央銀行(ECB)がギリシャの一部銀行向け融資を一時的に 停止すると発表したことを受け、域内の金融危機が深刻化しつつあると の懸念が高まった。この日は欧州の株式相場も軟調。スペインの銀行、 バンキアが大きく下げた。

ドイツ銀行のユーロ圏金利戦略責任者、モヒト・クマール氏(ロン ドン在勤)は「市場では欧州周辺国の情勢がなお懸念されている」と述 べ、「ギリシャが特に注目されている。中核国の国債は引き続き堅調に 推移するだろう」と続けた。

ロンドン時間午後4時18分現在、ドイツ10年債利回りは前日比4ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.43%。一時は1.42% まで下げた。同国債(表面利率1.75%、2022年7月償還)価格は0.365 上げ102.98。2年債利回りは0.046%まで下げた後、2bp低下 の0.05%となった。5年債利回りは一時0.475%まで低下した。

オランダ10年債利回りは5bp低下し1.925%と、ブルームバーグ が1990年にデータ集計を開始して以来の最低を付けた。

スペイン入札

スペイン政府はこの日の入札で計24億9000万ユーロ相当の国債を発 行。2015年7月償還債の平均落札利回りは4.876%と、2週間前に実施 された前回入札の4.037%から上昇した。2015年1月償還債と16年4月 償還債も発行した。

スペイン10年債利回りは前日比3bp上昇の6.32%。前日には一時 は6.50%を突破し、昨年11月以来の大台に乗せた。2年債利回りは10b p上げ4.20%。前日には4.33%まで上げ、昨年12月13日以来の最高とな った。

原題:Bund Yields Decline to Record as Spanish Borrowing Costs Jump(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE