コンテンツにスキップする

スペイン:1~3月はマイナス成長-輸出鈍化と家計支出減で

スペイン経済は1-3月(第1四半 期)にマイナス成長となった。財政赤字削減に向け過去30年余りで最も 厳しい緊縮策が実施される中、輸出が鈍化し家計支出が落ち込んだこと が響いた。スペインはユーロ圏で3番目に財政赤字負担が大きい。

スペイン統計局(INE)が17日発表した1-3月期の国内総生産 (GDP)改定値は、前期比0.3%減となった。4月30日公表の速報値 と変わらず。

家計支出は前年同期比0.6%減少。輸出は同2.2%増となったもの の、昨年10-12月(第4四半期)の同5.2%増から伸びが鈍化した。

原題:Spain’s Economy Contracts on Spending Slump, Exports

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE