藤村氏:上向きの動き続くも欧州危機再燃などリスク要因-GDP

藤村修官房長官は17日午前の会見 で、1-3月期の実質国内総生産(GDP)1次速報値が前期比年率 で4.1%増とプラス成長になったことについて、上向きの動きが続いて いるが欧州危機再燃等のリスク要因に留意しなければならないと述べ た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE