コンテンツにスキップする

ブラジル中銀:金融政策委の投票結果を公表、5月会合から

ブラジル中央銀行は政策金利に関す る金融政策委員会メンバーの投票結果の公表を始める。透明性の向上が 狙い。

同中銀がウェブサイトに掲載した発表文によると、今月29、30両日 に開かれる金融政策委員会から投票結果が公表される。これにより、委 員会の政策決定過程が改善され、情報へのアクセス拡大を保証する新た な使命も果たすことになるとしている。

ブラジルの今年と来年のインフレ率は、中銀が目標とする4.5%を 上回るとすでに予想されており、政策金利を過度に急速に引き下げるこ とはインフレ加速を招く恐れがあるとエコノミストらは指摘している。 それにもかかわらず、ルセフ大統領や閣僚らは借り入れコストの引き下 げを繰り返し求めてきた。ブラジル中銀は政策金利を現在の9%から、 過去最低の8.75%を下回る水準に引き下げる可能性を示唆している。

ウェストLB・ド・ブラジルのチーフストラテジスト、ルシアノ・ ロスターニョ氏は電話インタビューで、投票結果の公表などは、追加利 下げを求める政府と対立することに不安を感じる金融政策委員への「政 治的な影響力の強まり」につながる可能性があると指摘。任期が決まっ ている米連邦準備制度理事会(FRB)の理事らと異なり、ブラジルの 金融政策委員は大統領が任命し、更迭できる。

ロスターニョ-氏は「委員の氏名公表は、政府の意向に反する投票 を妨げる恐れがある」と述べた。

原題:Brazil Central Bank to Publish Board Members’ Votes on Rates (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE