コンテンツにスキップする

豪コモンウェルス銀:1-3月は2.9%増益-減損費用が減少

時価総額でオーストラリア最大の銀 行、コモンウェルス銀行の1-3月(第3四半期)決算は前年同期 比2.9%増益となった。不良債権関連の費用減少が寄与した。

電子メールで配布された17日の発表資料によると、第3四半期の一 部項目を除く利益(監査前)は17億5000万豪ドル(約1400億円)。前年 同期は17億豪ドルだった。融資の減損は2億3200万豪ドルに減少し、融 資全体平均の0.18%となった。

コモンウェルス銀は資料で、「与信需要の低迷と調達コスト上昇が 総収入の伸びに引き続き影響を与えた」と説明。数字は示していないも のの、調達コスト上昇は純預貸利ざやに「一段とマイナスの影響を与え た」とした。

原題:Commonwealth Bank Third-Quarter Profit Rises on Lower Bad Debts(抜粋)

--取材協力:Malcolm Scott.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE