コンテンツにスキップする

米JPモルガン:ロンドン投資銀行部門で20人削減へ-関係者

資産規模で米銀最大手のJPモルガ ン・チェースは、ロンドンの投資銀行部門で20人を削減する。事情に詳 しい関係者1人が明らかにした。

情報がまだ公表されていないとして同関係者が匿名で語ったところ によれば、人員削減は市場環境の悪化を受けたもので、同行チーフ・イ ンベストメント・オフィス(CIO)の20億ドル(約1600億円)の損失 とは関係ない。ロンドンの投資銀行部門の従業員数は約8000人。

新たな収益源が乏しくなっている金融機関は当局から資本増強を求 められる中、経費削減を迫られている。欧州債務危機でクレジット市場 が混乱しているため、証券化に向けた新たな貸し付けも控えている。コ ンサルタント会社コアリションのデータによれば、世界の10大投資銀行 では昨年、証券化商品のトレーディング収入が約100億ドルと、2010年 の約175億ドルから減少した。

事情に詳しい複数の関係者によると、JPモルガンは今年、米投資 銀行部門で上級モーゲージ・トレーダーと営業担当者を一部削減した。 株式トレーダーと営業スタッフ約5%を3月20日に解雇したほか、1月 には財務・証券サービス部門で約100人を削減したと、3人の関係者は 話している。

一方、大規模なポジションを取って一部のデリバティブ(金融派生 商品)市場の価格をゆがめた可能性があるとして「ロンドンのクジラ」 と呼ばれる同行トレーダー、ブルーノ・イクシル氏は雇用が継続されて いる。同行広報担当のブライアン・マーチオニ氏がイクシル氏の雇用継 続を確認した。米紙ニューヨーク・タイムズはこれより先に、イクシル 氏がJPモルガンを年内に退社すると報じていた。

原題:JPMorgan Said to Eliminate 20 London Investment-Banking Jobs (1)(抜粋)

--取材協力:Christine Harper.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE