コンテンツにスキップする

ユーロ圏:4月のインフレ率低下、3月輸出は減少-債務危機で

ユーロ圏17カ国ではインフレ率が4 月に低下し、輸出は3月に減少した。域内の財政危機の拡大が景気と消 費者需要に影響を及ぼしている。

欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)が16日発表した4月の ユーロ圏消費者物価指数(改定値)は、前年同月比2.6%上昇と、イン フレ率は3月の2.7%を下回った。先月30日発表の速報値と一致した。

同時に発表された3月のユーロ圏輸出は前月比0.9%減少した。前 月は2.2%増だった。

1-3月(第1四半期)にゼロ成長となったユーロ圏では、景気回 復の兆候がほとんどない。予算削減と失業増が消費者需要に影響を与 え、企業には値上げ余地がほぼない状況となっている。欧州中央銀行( ECB)は今月3日、政策金利を1%で据え置き、ドラギ総裁はインフ レ見通しへのリスクは「おおむね均衡化している」との認識を示した。

コメルツ銀行のエコノミスト、ミヒャエル・シューベルト氏は 「ECBが行動するとすれば、物価ではなく経済情勢がその理由だろ う」とし、「われわれはユーロ圏のインフレが2013年に正常の状態にな ると予想している。経済は恐らく今年下期に徐々に回復するだろう。こ れはECBが金利を据え置く余地があることを意味する」と続けた。

ユーロスタットによると、4月の消費者物価指数は前月比0.5%上 昇。変動の大きいエネルギー価格などを除いたコアインフレ率は前年同 月比1.6%だった。

ユーロ圏の3月の輸入は前月比1.1%減。2月は3.2%増だった。貿 易黒字は43億ユーロ(約4390億円)と、2月の40億ユーロ(改定値)か ら拡大した。

原題:Euro-Area Inflation Slowed in April, March Exports Declined (1)(抜粋)

--取材協力:Kristian Siedenburg.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE