コンテンツにスキップする

EUはユーロ防衛明言を、スペインは信用逼迫の危機-首相

スペインのラホイ首相は16日、欧州 連合(EU)に対し公的債務を維持可能とするための支援措置を講じる よう求めた。同国が金融市場から締め出されかけているとの危機感も示 した。

ラホイ首相は国営TVE放送で放映された記者会見で、「ユーロと いうプロジェクトを防衛する明確で強いメッセージと現在議論の的にな っている全ての欧州諸国の公的債務が維持可能だという確言を求めた い」と語った。

同首相はこの日、市場がスペインに貸さなくなる、あるいは「天文 学的なコスト」でしか貸さなくなる深刻なリスクがあると指摘してい た。スペインの銀行の不良債権をめぐる懸念とギリシャのユーロ離脱リ スクの中、この日のスペイン10年債は下落し、ドイツ債との利回り格差 が一時、ユーロ導入後最大の5.07ポイントに達した。10年債利回りも一 時6.51%まで上昇した。

同首相は「私は各国が自国の約束を果たすためにそれぞれの宿題を することに賛成だ。欧州が成長に向けた政策を協議することにも賛成 だ。しかし、優先課題は公的債務の維持可能性だと考える」と語った。

また、今年の財政赤字を国内総生産(GDP)の5.3%とするため の緊縮措置を擁護し、「われわれが現在取っている全ての措置はスペイ ンを借り入れ不能という落とし穴から抜け出させることを目指したもの だ」とも述べた。

モントロ予算相も議会で、歳出削減が「スペインが市場で資金を調 達できるかどうかの運命を分ける」と訴えた。

原題:Rajoy Calls for Euro Defense as Spain Risks Credit Crunch (2)(抜粋)

--取材協力:Emma Ross-Thomas.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE