コンテンツにスキップする

中国4大銀行の新規融資、5月の2週間ほぼゼロ-上海証券報

中国の4大銀行は、今月13日までの 2週間の新規融資が全体でほぼゼロとなった。上海証券報が16日、事情 に詳しい複数の関係者からの情報として報じた。

同紙によると、4行のうち2行で融資残高が増えたものの増加幅 は200億元(約2500億円)を下回り、他の2行では残高が減少した。中 国工商銀行と中国建設銀行、中国農業銀行、中国銀行の大手4行で国内 融資の約5割を占める。

中国人民銀行(中央銀行)は12日、市中銀行に求める預金準備率 を50ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)引き下げると発表し た。経済指標で成長鈍化が鮮明となる中、金融システムへの資金供給を 増やして融資を後押しする。18日から実施する。

同紙によれば、4行の預金総額は今月初めの段階で約2000億元減少 した。

原題:China’s Biggest Banks Post No Loan Growth, Securities News Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE