コンテンツにスキップする

ソロス氏やイートン・パーク、金ETFの持ち分増やす

資産家で投資家のジョージ・ソロス 氏は、金を裏付けとする上場投資信託(ETF)「SPDRゴールド・ トラスト」の持ち分を増やし、ジョン・ポールソン氏はこれまでの持ち 分を維持した。この後、金相場は年初来の上昇分を失った。

米証券取引委員会(SEC)への届け出によると、ソロス・ファン ド・マネジメントは1-3月(第1四半期)に同ETFへの投資を3倍 以上の31万9550口に増やした。エリック・ミンディッチ氏が率いるイー トン・パーク・キャピタルも同ETFを購入。ポールソン社は1730万口 の持ち分を維持した。

ギリシャの政治的行き詰まりを背景にドルへの投資が増える中、金 相場は3月30日以降6.9%下落。四半期ベースでは2004年以降で最大の 下落を示す可能性がある。米経済成長の改善を示唆する経済指標が示さ れ、米連邦準備制度理事会(FRB)が量的緩和第3弾(QE3)に踏 み切るとの見方が後退している。1-3月の金相場は、景気てこ入れに 向けFRBが取り組みを強めるとの観測が高まる中で6.7%上昇した。

ペンション・パートナーズの投資担当チーフストラテジスト、マイ ケル・ゲイド氏(ニューヨーク在勤)は「市場関係者は景気についても っと楽観的な見方をしていた。QE3が実施されるとみて株式や商品、 貴金属などリスクのより高い資産に資金が流入した」と指摘。「過去数 週間で状況は一変した」と述べた。

上場取引型金融商品(ETP)を通じた金保有量は月間ベースで3 カ月連続の減少となる可能性があり、そうなれば04年以降で最長。金 ETFとしては最大のSPDRゴールド・トラストを通じた金保有量は 昨年8月8日にピークの1309.92トンに達したが、今月15日時点で は1277.11トンとなっている。

原題:Soros, Eton Park Raised Gold ETP Holdings Before Price Declines(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE