コンテンツにスキップする

日産:米国で「アルティマ」生産能力引き上げへ-カムリ追撃

日産自動車は新型セダン「アルティ マ」を生産する米工場で3シフト制を取る計画だ。米国で最も売れ行き の良い乗用車であるトヨタ自動車の「カムリ」追撃を図る。

2013年型アルティマの生産は、15日に日産のテネシー州スマーナ工 場で始まった。発売は来月下旬の予定。同社米州事業のビル・クルーガ ー副会長は、アルティマの販売が昨年ホンダの「アコード」を上回った とし、今年はカムリに狙いを定めると話した。

同副会長によると、日産はスマーナとミシシッピ州キャントンの両 工場でアルティマを年間30万台余り生産できる。両工場で共に3シフト 制を取ることで生産能力が高まるとし、米国での需要が増えれば、来年 までに年40万台体制にする可能性もあるという。

同副会長は、新型アルティマの具体的な販売・生産台数目標につい ては明らかにしなかった。

原題:Nissan Increasing U.S. Altima Capacity to Challenge Toyota Camry(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE