コンテンツにスキップする

仏大統領:揺るぎない両国関係示したかった-就任直後に独訪問

フランスのオランド新大統領は15日 に就任から数時間後に初の公式訪問先としてベルリンを訪れたのは、 「フランスとドイツの関係が不変のものであることを示したかったため だ」と説明した。

オランド大統領はメルケル独首相との会談後に記者団に対し、「両 国間の友好関係の意味を伝えたい」と述べ、「私はこの関係を安定的で 尊敬の念に満ちたものだと考えている」と語った。

同大統領はさらに、両国は「欧州のために協力することを望んでい る」と述べた。

原題:Hollande Says Wanted to Show Constancy of Franco-German Ties(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE