コンテンツにスキップする

ギリシャ:銀行から7億ユーロの預金流出、総選挙後-大統領

ギリシャのパプリアス大統領は今 週、5月6日の総選挙後に預金の引き出しが相次いでいることで金融機 関が今後の見通しに不安になっていると中銀総裁から報告を受けた。

大統領は14日に開かれた各政党の党首との会談で、ギリシャ銀行 (中央銀行)の「プロボポラス総裁が、もちろんパニックの状況ではな いがパニックに発展し得るとの懸念が強いと私に伝えてきた」と述べ た。総裁は、同国の銀行から引き出された預金が最大7億ユーロ (約715億円)に上り、状況は悪化する恐れがあると大統領に報告して きたという。会談の内容が15日に公表された。

ギリシャ主要政党の党首が総選挙後に新政権樹立に失敗したことで 大統領が15日、再選挙の発表に追い込まれたことから、ユーロ圏におけ るギリシャの将来が不透明になっている。

原題:Greek President Told Banks Becoming Anxious as Deposits Pulled(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE