コンテンツにスキップする

独財務相:ギリシャのプログラムに交渉の余地なし

ドイツのショイブレ財務相はギリシ ャの債務を安定化させるために設定した調整プログラムに議論の余地は なく、交渉は行われていないと言明した。その上で、ギリシャを支援す るため2国間の措置を講じることはあり得るとの認識を示した。

同相は15日、欧州連合(EU)財務相会合後、記者団に対し、前日 ブリュッセルで開かれたユーロ圏財務相会合では、調整プログラムの 「構造」を変えられるかどうかについての議論はなかったと述べた。

また、「このギリシャ向けの第2のプログラムの根本的な問題は、 欧州通貨統合の一部としてのギリシャの金融システムを救済し、金融市 場へのアクセスをしばらくの間可能にすることについてだった。また同 時に、持続的な成長という観点に基づき、ギリシャがいずれかの時点で 金融市場に復帰できるよう手助けすることでもあった。こうしたことに ついては意見が一致しており、ギリシャの経済面での要素について交渉 の余地はなく、実際交渉されていない」と言明。その上で、「追加的 に、2国間の措置で支援できるのであれば、それは全く違った話だ」と 付け加えた。

原題:Schaeuble Says Greek Program Not Negotiable, Help Possible (2)(抜粋)

--取材協力:Jeff Black.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE