コンテンツにスキップする

米JPモルガン株主総会、報酬プランに賛成91.5%

資産価値で米銀最大手のJPモルガ ン・チェースは、年次総会で株主の91.5%が経営幹部の報酬プランを承 認したことを明らかにした。この投票に拘束力はない。前年の賛成票 は73%だった。

JPモルガンはこの日、フロリダ州タンパで開催された株主総会の 暫定結果を発表した。それによると、同行取締役会はジェイミー・ダイ モン最高経営責任者(CEO)への2011年度給与およびボーナスとし て、前年と同額の2300万ドル(約18億4000万円)を支払う。JPモルガ ンの2011年純利益は過去最高を更新した一方、株価は年間で22%下落し た。

前日辞任したイナ・ドルー氏に対しては、総額1400万ドルの給与お よびボーナスを支払う。JPモルガンは10日、同氏が率いたチーフ・イ ンベストメント・オフィス(CIO)部門が20億ドルあるいはそれ以上 に上る損失を引き起こしたと公表していた。経営幹部2人によると、同 行はドルー氏に株式報酬の一部返還を求めることを検討する。

ダイモンCEOは14日、「CIO部門で最近損失が起こったからと いって、ドル-氏の多大な貢献は忘れ去られるべきではない」とのコメ ントを発表した。

コーポレートガバナンス(企業統治)に特化した調査会社、GMI レーティングスの取締役、ネル・ミノウ氏によると、大部分は恐らく損 失発表前に投票されていた。

原題:JPMorgan Says 91.5% of Shareholders Approve Compensation Plan(抜粋)

--取材協力:Michael J. Moore、Laura Marcinek、Donal Griffin.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE