コンテンツにスキップする

米ホーム・デポ:通期売上高の伸び、2-4月から鈍化見込む

住宅関連用品小売りで最大手の米ホ ーム・デポは、今年度の売上高の伸びは2-4月(第1四半期)と比べ 鈍化するとの見通しを示した。暖かい天候が続き植物や園芸用品の需要 が前倒しされたことを理由に挙げた。

同社の15日発表によると、第1四半期の売上高は前年同期比5.9% 増加して178億ドルと、アナリストの予想平均180億ドルを下回った。同 社は通期売上高を4.6%増と予想した。

通期の希薄化後1株利益見通しは2.90ドルとした。これには自社株 買いやローン保証の終了に伴う利益が含まれ、2月時点の予想2.79ドル から上方修正となる。アナリストの予想平均は2.91ドルだった。

また、2-4月期の純利益は10億4000万ドル(1株当たり68セン ト)と、前年同期の8億1200万ドル(同50セント)から27%増えた。一 部項目を除く1株利益は65セントと、ブルームバーグがまとめたアナリ スト25人の予想平均に一致した。

原題:Home Depot Forecasts Slowing Sales Gains After Early Purchases(抜粋)

--取材協力:Kevin Orland.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE