コンテンツにスキップする

米小売売上高:4月は0.1%増に減速、建材や衣料品はマイナス

4月の米小売売上高は前月比でプラ スを記録したものの、年初来で最も低い伸びにとどまった。

米商務省が発表した4月の小売売上高(速報値)は、季節調整済み で前月比0.1%増加。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミス ト予想中央値と一致した。前月は0.7%増(速報値0.8%増)に修正され た。

今年は第1四半期の気候が平年よりも温暖だったことが寄与し、1 -3月の小売りは堅調な伸びを示していたが、ここにきてその勢いが失 速。雇用の伸び鈍化も購買意欲を抑制しているとみられる。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)のエコノミスト、ニール・ダッ タ氏(ニューヨーク在勤)は、「消費者は買い控えている」と述べ、 「重要なのは天候による影響がどの程度なのかを見極めることである。 項目別に見ると、いくつかは明らかに気候の影響を受けて伸びていた」 と続けた。

項目別に見ると、主要13項目のうち9項目は売上高が前月比で増 加。自動車・同部品や家具、オンライン販売などの無店舗販売が好調だ った。自動車・同部品は0.5%増、家具は0.7%の伸びだった。

一方、建設資材は前月比で1.8%減と、2011年1月以来の大きな下 げとなった。衣料品も0.7%のマイナスだった。

自動車を除く小売売上高は0.1%増。エコノミスト予想では0.2%増 が見込まれていた。

ご覧ください。

原題:Retail Sales in U.S. Cooled in April After Early Easter (2)(抜粋)

--取材協力:Chris Middleton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE