コンテンツにスキップする

米SEC、中国の天然ガス会社を提訴-会長が資金流用の疑い

米証券取引委員会(SEC)は14 日、中国の天然ガス会社、西藍天然気(チャイナ・ナチュラル・ガス) を提訴した。同社の姬秦安会長が息子の不動産事業のために会社の資金 を流用した疑いがあるという。

SECがニューヨーク市マンハッタンの連邦地裁に提出した訴状に よれば、姫会長は2010年1月に1400万ドル(約11億円)の短期融資をア レンジしたが、この融資について同社の取締役会、株主、監査法人を欺 いたという。会社の内部調査の期間中も虚偽報告していたとしている。 西藍天然気は非公開企業が上場企業を買収するいわゆる「逆さ買収」を 通じ米国で株式上場を果たした多くの企業のうちの1社。

中国陝西省に住居を構える姫会長の現在の居場所は現時点で分から ない可能性がある。西藍天然気のウェブサイトに掲載されている電話番 号に電話したが応答はない。

原題:SEC Sues China Natural Gas Chairman for Secret Loans to Son(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE