コンテンツにスキップする

独アリアンツ:通期営業利益見通しを維持-1-3月60%増益

欧州最大の保険会社、ドイツのアリ アンツは通期営業利益見通しを維持した。1-3月(第1四半期)決算 は前年同期比で60%増益となった。自然災害による保険請求が減少し た。

同社が15日電子メールで発表したところによると、第1四半期の純 利益は13億7000万ユーロ(約1410億円)。前年同期は8億5700万ユーロ だった。同社は通期の営業利益目標77億-87億ユーロを据え置いた。ミ ヒャエル・ディークマン最高経営責任者(CEO)は9日の年次株主総 会で、昨年の日本の地震やタイの洪水による請求増の影響から保険業界 が回復する中で低金利が長期的に脅威になると述べていた。

損害保険部門の純利益は50%増の8億3600万ユーロ。保険料収入 は3.8%増え148億ユーロだった。

受け取り保険料に対する支払い保険金やその他費用の割合は96.2% と前年同期の101.3%から改善した。

生命・医療保険部門の利益は30%増の6億2600万ユーロだった。

米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO) を傘下に持つ資産運用部門の利益は23%増の3億7900万ユーロ。

同社は先週の株主総会で中国市場に上場する承認を受けた。

原題:Allianz Confirms Full-Year Target as Quarterly Profit Rises 60%(抜粋)

--取材協力:Mariajose Vera.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE