コンテンツにスキップする

NY原油時間外:5カ月ぶり安値-米在庫増や欧州経済縮小で

ニューヨーク原油先物相場は15日の 時間外取引で約5カ月ぶりの安値からさらに下げた。米原油在庫が21年 ぶりの高水準に増えているとの観測と欧州経済縮小が嫌気されている。

原油先物は一時0.9%下げた。10営業日中、下落は9回目。米政府 データが16日に発表されるのに先立ちブルームバーグ・ニュースが実施 した調査では、先週の原油在庫は150万バレル増えて3億8100万バレル と予想されている。予想通りだと1990年8月以降で最高水準。15日に発 表される1-3月(第1四半期)のユーロ圏国内総生産(GDP) は2009年10-12月(第4四半期)以来のマイナス成長が予想されてい る。

ソシエテ・ジェネラルの商品ストラテジスト、ジェレミー・フリー セン氏(香港在勤)は「市場には支援材料がない。明らかに米原油在庫 の積み上がりが注目されている。在庫がここまで増加すると価格は下が る」と述べた。

原油先物6月限は一時、87セント安の1バレル当たり93.91ドルを 付けた。シンガポール時間午前10時21分(日本時間同11時21分)現 在、94.28ドルで推移している。前日の通常取引は1.4%安の94.78ドル で引けた。終値としては昨年12月19日以来の安値。年初来では4.6%の 下落。

原題:Oil Falls to Five-Month Low on European Economy, U.S. Stockpiles(抜粋)

--取材協力:Wael Mahdi.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE