米GMのアカーソンCEO:アライの海外事業買収に関心ある

米自動車メーカー、ゼネラル・モー ターズ(GM)のダン・アカーソン最高経営責任者(CEO)は14日、 米アライ・ファイナンシャルの海外事業買収に関心があることを明らか にした。

アカーソンCEOはブルームバーグのニューヨーク本社でのインタ ビューで、「法外な金を出すつもりはないが、われわれは買収に関心が ある」と述べ、「当社はうってつけの買い手だ」と付け加えた。

アライは14日の発表で、同社の住宅金融子会社レジデンシャル・キ ャピタル(ResCap)が連邦破産法11条に基づく会社更生手続きの 適用を申請したことを明らかにする一方、「海外事業の戦略的選択肢」 を探る手続きを開始していると説明した。

アライの前身であるGMACは、GMが米投資会社サーベラス・キ ャピタル・マネジメントにGMAC株式の51%を売却する2006年まで GMの子会社だった。

アカーソンCEOはまた、GMは米国の西部地域で既にウェルズ・ ファーゴと取引があるため、アライの米国事業への関心は「恐らくな い」と語った。

原題:GM CEO Says He’s Interested in Ally’s International Operations(抜粋)

--取材協力:Dakin Campbell.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE