コンテンツにスキップする

ロシア株、弱気相場入り-RTS指数が3月高値から20%下落

ロシア株式相場は下落し、ドル建て のRTS指数は年初来高値から20%余り下げた。原油価格が5カ月ぶり 安値を付けたことで、世界最大のエネルギー輸出国であるロシアの株式 への投資意欲が後退している。

ドル建てのRTS指数は14日、3.6%安の1401.73で終了。3月15日 に付けた年初来高値の1754.81からの下落率は、市場関係者が弱気相場 入りとみなす水準を超えた。MICEX指数も3.5%安の1337.42と、昨 年10月6日以来の安値で終了。送電会社のフェデラル・グリッド は7.2%下落。ゴールドマン・サックス・グループが同社株の投資判断 を「買い」から「売り」に引き下げた。アルミ生産で世界最大手のUC ルサールは3.9%安。1-3月(第1四半期)の利益が84%減となっ た。

ニューヨーク原油先物相場は一時、2.48ドル安の1バレル=93.65 ドルまで下げ、昨年12月19日以来の安値を付けた。EPFRグローバル によると、ロシア株中心の株式ファンドは5月9日終了週に、今年に入 って最大の資金流出となった。ロシア通信(RIA)は、メドベージェ フ首相が15日にプーチン大統領に閣僚候補を提案する計画だと報じてい る。

シティグループの株式アナリスト、アンドレイ・クズネツォフ氏 は、電話取材に対し「原油は依然として相場の支えになっていない」と 指摘。「閣僚人事をめぐる不確実性が大きい。新内閣がマーケット志向 の閣僚で構成されれば、市場は歓迎するだろう」と語った。

原題:Russia Stocks in Bear Market as RTS Tumbles 20% From Year High(抜粋)

--取材協力:Jason Corcoran.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE