コンテンツにスキップする

ネクソン:中国オンラインゲーム市場で「旺盛」な需要見込む

オンラインゲーム会社のネクソン は、世界最大のインターネット市場である中国でゲーム利用者の支出鈍 化が見込まれるにもかかわらず、同社のゲームタイトルの需要は「旺 盛」だろうとの見通しを示した。同社は中国で2番目に人気のあるオン ラインゲームを同国最大のインターネット企業、テンセント・ホールデ ィングス(騰訊)にラインセンス供与している。

ネクソンのオーウェン・マホニー最高財務責任者(CFO)は14 日、香港でのインタビューで、「当社は中国のゲーム市場を気に入って いる。需要は極めて旺盛だとみている」と説明。テンセントは昨年、ネ クソンのゲーム「アラド戦記」のライセンス契約を更新し、同タイトル の需要はネクソンの1-3月(第1四半期)の中国売上高を89%増やす ことに貢献したと続けた。

同CFOによると、ネクソンは中国の同社売上高が現地のオンライ ンゲーム市場の伸びを上回ると予想。調査会社アイリサーチの1月の試 算によれば、中国のゲームユーザーの今年の支出は12%増の465億元 (約5880億円)で、増加率は昨年の18%から鈍化する見通し。

同CFOは「1-3月期の結果はわれわれを驚かせ、業績予想を上 方修正しなければならなかった」と語った。同社は先週、2012年12月通 期の純利益予想を従来の335億円から378億円に引き上げている。テンセ ントは16日に1-3月(第1四半期)決算を発表する。

マホニーCFOは、アジアや北米、欧州では企業買収や投資の「機 会がたくさんある」とした上で、同社はフェイスブックや携帯電話のユ ーザー向けにゲームを開発する企業への投資に関心があると語った。

原題:Tencent Partner Nexon Expects ‘Robust’ China Online Games Demand(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE