5月14日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ユーロは4カ月ぶり安値、ギリシャ政局混迷が深刻化

14日のニューヨーク外為市場ではユーロが対ドルでほぼ4カ月ぶり の安値に下落。ギリシャの政権樹立が難航していることから、欧州当局 者はギリシャが初のユーロ離脱国となる可能性を視野に対応を検討し始 めている。

ユーロは対円で続落。米格付け会社ムーディーズ・インベスター ズ・サービスはイタリアの銀行26行の格下げを発表した。主要6通貨に 対するインターコンチネンタル取引所(ICE)のドル指数は、11日連 続で上昇。英ポンドは対ユーロで2008年以来の高値をつけた。投資家が 安全性を求めているのが背景だ。

一方オーストラリア・ドルは対米ドルで下落。今年に入って初めて パリティー(等価)を割り込んだ。世界的な株価や商品の値下がりが影 響した。

ブラウン・ブラザーズ・ハリマンのグローバル為替戦略責任者、マ ーク・チャンドラー氏は「問題は現在の欧州には火種が多く存在してい ることであり、ギリシャはその一つにすぎない」と述べ、「ギリシャ国 民はユーロ圏にとどまることを望んでいるが、政府は救済条件の再交渉 を望んでいる」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで0.7%安の1ユ ーロ=1.2823ドル。一時は1.2821ドルと、1月18日以来の安値まで下げ た。ユーロは対円では0.8%下げて1ユーロ=102円39銭。一時は2月16 日以来の安値となる102円23銭を付けた。円は対ドルで0.1%上げて1ド ル=79円85銭。

イタリアの銀行

ムーディーズが格下げしたイタリア銀にはウニクレディとやインテ ーザ・サンパオロが含まれる。

この日のドル指数は0.5%上昇して80.693だった。

ギリシャ救済に反対する急進左翼連合(SYRIZA)は声明を発 表し、ツィプラス党首はパプリアス大統領が14日呼び掛けた党首会談に 参加しないとことを明らかにした。6日の総選挙の結果を受けて、同国 の政局は混迷。SYRIZAは先週、挙国一致内閣への参加を拒否し た。連立政権が成立しない限りギリシャは来月の早い時期にも再選挙を 実施する公算が高まっている。

オンライン為替取引会社GFTフォレクスの調査ディレクター、ボ リス・シュロスバーグ氏(ニューヨーク在勤)は、「政権樹立の難航は 選挙をめぐる状況を再び不確定な状況へと追い込み、6月半ばには2度 目の選挙を実施する可能性を示唆している」と述べ、「政治的な解決策 を見いだす前に財政危機に直面する恐れがある。こうしたすべてがユー ロを押し下げている」と続けた。

ユーログループ

ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)のユンケル議長(ルクセン ブルク首相兼国庫相)は14日、ギリシャのユーロ圏離脱は同日のユーロ 圏財務相会合で議論されなかったと述べた。

3月のユーロ圏鉱工業生産の減少もこの日のユーロの売り材料とな った。

英ポンドは主要16通貨すべてに対して上昇。投資家はユーロに代わ る代替通貨を模索し、ポンドに買いを入れたのが背景。ポンドは対ユー ロで0.9%高の1ユーロ=79.69ペンス。一時は0.9%高の79.63ペンス と、2008年11月以来の高値となった。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると、ユーロは過去6カ月間で4%下落。ドルは2%上昇。円は2% の下落となっている。

オーストラリア・ドルは対米ドルで0.6%下落して、1豪ドル =99.58米セント。等価水準を割り込んだのは昨年12月20日以来で初め て。

原題:Euro Weakens to 4-Month Low on Political Turmoil; Pound Climbs(抜粋)

◎米国株:S&P500種3カ月ぶり安値-ギリシャのユーロ離脱を警戒

米株式相場は続落。ダウ工業株30種平均は1月以来の安値をつけ た。ギリシャの新政権樹立が難航しており、同国がユーロ圏から離脱す るとの見方が強まっている。

S&P500種株価指数のセクター別では金融株とエネルギー株の下 げがきつい。欧州の銀行株が軟調となる中、JPモルガン・チェースと バンク・オブ・アメリカ(BOA)が下落。アルコアやシュルンベルジ ェなど商品関連株も下げた。コンピューターウイルス対策ソフトウエア メーカーのシマンテックはゴールドマン・サックス・グループの投資判 断引き下げを嫌気して下落。

S&P500種株価指数は前営業日比1.1%安の1338.35と、2月2日 以来の安値水準。ダウ工業株30種平均は125.25ドル(1.0%)下げ て12695.35ドル。米国株オプションの指標であるシカゴ・オプション取 引所(CBOE)のボラティリティ指数(VIX)は10%上昇 し、21.87と、ほぼ4カ月ぶり高水準。VIXはS&P500種の下落に備 えたコストを示す。米証券取引所全体の売買高は約66億株と、過去3カ 月の平均並みとなった。

ハンティントン・アセット・アドバイザーズで約147億ドル相当の 資産運用に携わるマデリン・マトロック氏は「不安レベルは確実に高ま っている。現在、欧州全体の政治情勢がまさに焦点となっている。今後 の行方は誰にも分からず、市場は何よりも不透明感を嫌う」と指摘し た。

世界的な株安

ギリシャ総選挙後の政局混迷は2週目に入り、世界的な株安となっ た。同国では挙国一致内閣が樹立されず、再選挙の可能性を払しょくで きないでいる。急進左派連合(SYRIZA)のツィプラス党首は欧州 が財政緊縮策を見直すべきだと主張する一方、同党としてはユーロ圏残 留を望んでいると述べた。

欧州の危機が拡大するとの懸念を背景に、クレジット・デフォル ト・スワップ(CDS)市場ではスペイン債を保証するコストが過去最 高に上昇した。ドイツ最大の人口を抱える州の議会選では、メルケル首 相率いる国政与党のキリスト教民主同盟(CDU)が敗れ、国政野党の 社会民主党(SPD)が地方政府の掌握をさらに強める結果となった。

ウェルズ・ファーゴ・アドバンテージ・ファンズのチーフ株式スト ラテジスト、ジョン・マンリー氏(ニューヨーク在勤)は「懸念材料が 多いのは明白だ」と指摘。「ギリシャのユーロ離脱の確率は高まってい る。互いに異常な度胸比べになっている。ギリシャは非常に民主的なプ ロセスを示しているだけに、デフォルト(債務不履行)の可能性を高め ている。欧州当局は何か手を打たなければならない」と述べた。

欧州銀行株指数が2.8%安となる中、米国の銀行株も下げた。前週 末に9.3%の急落を演じたJPモルガンはこの日3.2%下落。BOA は2.7%、シティグループは4.1%それぞれ下げた。

JPモルガン

格付け会社フィッチ・レーティングスは11日、JPモルガンの長期 信用格付けを「AA-」から「A+」に1段階引き下げた。同行が20億 ドル(約1600億円)のトレーディング損失を明らかにしたことについ て、フィッチは「JPモルガンのリスク許容度やリスク管理、慣行、監 視に関する疑問が生じる」と指摘した。

米政府から受けた救済資金の返済を目指しているアライ・ファイナ ンシャル(旧GMAC)の住宅金融子会社レジデンシャル・キャピタル (ResCap)は14日、連邦破産法11条に基づく会社更生手続きの適 用を申請した。

24銘柄で構成するゴールドマン・サックス商品指数(S&P GSCI商品指数)は1.1%下落。シュルンベルジェは2.3%、アルコア は1.6%それぞれ下落した。

シマンテックは1.4%下落。ゴールドマンは投資判断を「中立」か ら「売り」に引き下げた。利益率とキャッシュフローの悪化を理由に挙 げている。

一方、ベスト・バイは1.5%上昇。創業者リチャード・シュルツ氏 の会長職辞任を発表した。ブライアン・ダン前最高経営責任者 (CEO)が従業員と不適切な関係にあるとの疑惑について、シュルツ 氏は取締役会監査委員会への適切な報告を怠っていたことが内部調査に よって明らかになった。

原題:Dow Falls to Lowest Level Since January Amid Greece Exit Concern(抜粋)

◎米国債:上昇、ギリシャ懸念-10年債利回りは7カ月ぶり低水準

米国債相場は上昇。10年債利回りは7カ月ぶり低水準を付けた。ギ リシャのユーロ圏離脱懸念が広がる中、同国の主要政党は政権樹立に向 けた協議を継続する姿勢を示している。

ドイツの地方選挙でメルケル首相率いる国政与党のキリスト教民主 同盟(CDU)が敗れたことも手掛りに米国債は2営業日続伸となり、 7年債利回りは過去最低の1.1679%を付けた。2年物金利スワップレー トと同年限の米国債利回りとの格差は1月以降で最大に広がった。

グッゲンハイム・パートナーズ(ニューヨーク)の米政府債トレー ディング担当ディレクター、ジェーソン・ローガン氏は「ギリシャがユ ーロから離脱する可能性があるとの見方が強まっており、欧州発の懸念 は続いている」と指摘。「世界の成長懸念もなくなっておらず、米国債 にはプラスの環境が続いている。押し目買いの動きから、利回りは低下 に向かうだろう」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後5時現在、10年債利回りは前週末比7ベーシスポイント(bp、1 bp=0.01%)低下し1.76%。一時、昨年10月4日以来の低水準を付け た。同年債(表面利率1.75%、2022年5月償還)価格は、21/32上げ て99 28/32。

8週連続高

週間ベースでは、10年債は前週までの段階で8週連続高と、1998 年10月までの9週連続高以来の長期上昇局面となった。98年当時は、ロ シアが8月に通貨ルーブルの実質切り下げと債務再編について発表した ことを手掛かりに、米国債への逃避需要が高まった。

RWプレスプリッチの政府・機関債取引担当マネジングディレクタ ー、ラリー・ミルスタイン氏(ニューヨーク在勤)は「全ては欧州次第 だ。ギリシャのユーロ圏離脱の可能性やその影響をめぐる話が多く聞か れる」とした上で、「質への逃避の動きが出ており、米国債への需要が 見られる状態だ」と続けた。

JPモルガン・チェースの債券戦略グローバル責任者、テリー・ベ ルトン氏(ニューヨーク在勤)は、顧客向けリポートで、質への逃避の 動きが「加速」し、10年債利回りは1.5%に低下すると分析している。

リポートで同氏は「欧州の政治面での動きは明確に悪化方向へと転 換した」と記した。

スワップレートとの格差

RBS証券の外国債券ストラテジスト、重見吉徳氏は2年物金利ス ワップレートの上昇を見込んでいる。欧州債務危機の深刻化で、銀行が 保有債券で損失を抱えるとの懸念が高まっていることが理由。

同氏によれば、2年物金利スワップレートと同年限の米国債の利回 りの格差は、14日時点の39bpから50bpに拡大する可能性がある。

原題:Treasuries Rally on Greek Concern, 7-Year Yield Falls to Record(抜粋)

◎NY金:続落、年初来の上昇分を帳消し-ドル上昇で代替需要が後退

ニューヨーク金先物相場は続落。年初来の上昇分を帳消しにした。 欧州の債務危機が深刻化しているとの懸念を背景にドルが上昇したこと で、代替投資先としての金の需要が減退した。この日は他の貴金属市場 も軒並み値下がりした。

ドルは対ユーロで3カ月ぶりの高値となった。ギリシャで新政権樹 立協議が難航する中、ユーロ圏当局者は前例のない加盟国離脱が現実と なった場合の影響などについて検討し始めている。

インテグレーテッド・ブローカレッジ・サービシズ(シカゴ)のヘ ッドディーラー、フランク・マギー氏は電話インタビューで、「欧州へ の不安から、ドルに買いが集まっている」と指摘。「金の軟調な地合い は続くだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前週末比1.5%安の1オンス=1561ドルで終了。一時は1555ドル と、昨年12月30日以来の安値を付けた。

原題:Gold Erases This Year’s Gain as Europe Concern Boosts Dollar(抜粋)

◎NY原油:続落、5カ月ぶり安値-ギリシャ不安とサウジ発言

ニューヨーク原油先物相場は続落。ほぼ5カ月ぶりの安値となっ た。ギリシャがユーロ圏を離脱するとの観測が高まりつつあることや、 サウジアラビアのヌアイミ石油鉱物資源相が原油価格は一段と下落する との見方を示したことが背景。

ギリシャでは挙国一致内閣に向けた協議で合意を打ち出せられず、 ユーロ圏当局者は同国のユーロ離脱の可能性について検討し始めてい る。サウジのヌアイミ石油鉱物資源相は13日、原油価格が現在の水準よ りも下落することを同国は望んでいると話した。石油輸出国機構 (OPEC)のデータによれば、サウジの生産量はほぼ30年ぶりの高水 準となっている。

BNPパリバ・プライム・ブローカレッジ(ニューヨーク)のディ レクター、トム・ベンツ氏は「ギリシャは連立政府を樹立することがで きないでいる。現時点では欧州が最大の問題だ」と指摘。「サウジが何 か発言すると、市場は耳を傾ける。サウジはここしばらく、相場を下落 させようと発言を試みている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物6月限は前週末 比1.35ドル(1.40%)安の1バレル=94.78ドルで終了。中心限月とし ては昨年12月19日以来の安値となった。2月24日に付けた終値ベースの 年初来高値109.77ドルからは14%値下がりしている。

原題:Oil Falls Near Five-Month Low on Greece, Saudi Price Comments(抜粋)

◎欧州株:反落、ギリシャのユーロ離脱観測高まる

14日の欧州株式相場は反落。ストックス欧州600指数は3営業日ぶ りに下落した。ギリシャがユーロ圏離脱に近づいたとの見方に加え、ド イツの地方選挙でメルケル首相率いる国政与党のキリスト教民主同盟 (CDU)が社会民主党(SPD)に敗れたことが手掛かり。

銀行株の下げが目立ち、英銀HSBCホールディングスは1.5% 安。半導体メーカー欧州2位の独インフィニオン・テクノロジーズはペ ーター・バウアー最高経営責任者(CEO)の辞任決定を受けて、値下 がりした。オランダの金融サービス最大手、INGグループは6%下 落。オランダ政府による同社救済を欧州当局が再調査するのが嫌気され た。

ストックス欧州600指数は前週末比1.8%安の247.43で終了。業種別 指数は19指数すべて下落した。6日に総選挙を終えたギリシャではいま だに政権が樹立されず、救済受け入れで合意した緊縮策は実行されない 恐れが濃厚になってきた。このため、ストックス欧州600の年初来上昇 率は1.2%に縮んでいる。

LGTキャピタル・マネジメントのシニア市場アナリスト、アレッ サンドロ・フェッツィ氏は「ギリシャに新政権が不在では、今週の金融 市場では不安定と変動が繰り返されるだろう」と述べ、「6月に再選挙 となるのだろうが、そうなれば投資家の不安感は長引く。特にスペイン に関して感染リスクが懸念されるからだ」と付け加えた。

この日開催のユーロ圏財務相会合はギリシャやスペイン情勢を協議 するもよう。同日の西欧市場では、全18カ国で主要株価指数が下落し た。

◎欧州債:スペイン債利回り上昇、5カ月ぶり6.3%台

14日の欧州債市場ではスペイン10年債利回りが5カ月余りで初 めて6.3%を突破した。ギリシャがユーロ圏から離脱する可能性が高 まったほか、ドイツのメルケル首相が率いる国政与党が地方選で敗北 したことが手掛かり。

高格付け国債を選好する動きから、ドイツとフィンランド、オラ ンダの国債利回りが過去最低を更新した。スペイン国債の保証コスト は過去最高を付けた。イタリア10年債利回りは1月以降で最大の上げ。 ユーロ圏の鉱工業生産は3月に予想に反して減少した。15日公表され るGDP(域内総生産)統計で、ユーロ圏経済は1-3月(第1四半 期)に縮小したとみられている。

ロイズ・バンク・コーポレート・マーケッツ(ロンドン)の債券 ストラテジスト、アキレアス・ゲオルゴロプロス氏は、「ギリシャの政 局行き詰まりが引き続きリスクプレミアムを押し上げ、スペイン国債 が下げ続けている」とし、「全てはリスクオフ(リスク回避)の状況に 入りつつある」と語った。

ロンドン時間午後4時現在、スペイン10年債利回りは前週末比 22ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の6.23%。一時 は6.36%まで上げ、昨年11月30日以来の6.3%台に乗せた。同国 債(表面利率5.85%)価格はこの日、1.56下げ97.275となった。

イタリア10年債利回りは1月30日以降で最大の上げとなる28 bp上昇した後、20bp上昇の5.71%となった。2年債利回りは32 bp上げ3.32%。一時は42bp上昇し、上げ幅としては1月16日 以降で最大となった。

ドイツ国債利回り

ドイツ国債の2年、5年、10年、30年物の各利回りは過去最低 まで低下。30年物利回りは一時、13bp低下し2.072%。10年債利 回りは1.434%まで下げ、5年債利回りは0.479%まで低下した。2 年債利回りは0.055%を付けた。

オランダ10年債利回りは8bp下げ1.95%となった。同年限の フィンランド国債は3日続伸し、利回りは1.79%まで低下した。

◎英国債:10年債利回り、過去最低を更新-質への逃避

14日の英国債相場は上昇し、10年債利回りが過去最低を記録し た。ギリシャが連立交渉の行き詰まりからユーロ圏を離脱するとの観 測が強まり、比較的安全とされる英国債の需要が高まった。

英10年債は2営業日続伸。ギリシャの救済合意に反対する最大 勢力の急進左派連合(SYRIZA)が連立政権入りの提案を拒否し たことで、政治的混迷は一段と深刻化した。

インベステック銀行(ロンドン)のアナリスト、ブライアン・バ リー氏は「けさはリスク回避の動きに、逃避先の資産が恩恵を受けた」 と述べ、「ギリシャが実際にユーロから離脱する公算が大きく膨らんで おり、そうなれば危険な前例となる可能性があり、統一通貨の安定性 と将来が疑問視されている。残り少ない逃避先の一つとみなされる英 国債が買われている」と続けた。

ロンドン時間午後4時26分現在、10年債利回りは前週末比9ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.87%。一時は

1.86%まで下げ、ブルームバーグが1989年にデータ集計を開始して 以来の最低を付けた。同国債(表面利率4%、2022年3月償還)価 格はこの日、0.895上げ119。

30 年債利回りは7bp低下し3.19%。3月13日以来の低水準 となる3.173%まで下げる場面もあった。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 西前 明子 +1-212-617-2601 anishimae3@bloomberg.net Editor:Shigeru Chiba 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE