コンテンツにスキップする

JPモルガン、CIO部門の人事刷新-ゼームズ氏が推進

米銀JPモルガン・チェースは14 日、20億ドル(約1600億円)の損失を出した同社チーフ・インベストメ ント・オフィス(CIO)部門の新責任者に、投資銀行部門の世界責任 者であるマット・ゼームズ氏を起用した。同氏は同部門の幹部などを刷 新するとともに、リスクヘッジにあらためて重点を置く方針を示した。

ゼームズ氏(41)が同日、社員向け文書で明らかにしたところによ ると、財務およびリスク管理の新たな責任者を指名、ロンドン在勤でト レーディング担当幹部だったアキリーズ・マクリス氏の職を解いた。ゼ ームズ氏は前責任者のイナ・ドルー氏(55)の後任。ドルー氏はウォー ル街最も高い地位に上り詰めた女性幹部の1人だったが、同部門が20億 ドルの損失を被ったことで失脚した。

ゼームズ氏は社員向け文書で、「われわれはヘッジ戦略、リスクの 管理・執行に新たに重点を置く」との方針を表明、「JPモルガン・チ ェースは今回の経験を踏まえ、より強い会社として生まれ変わる」と訴 えた。

同文書によれば、ゼームズ氏は同部門の欧州・中東・アフリカ責任 者にロブ・オライリー氏を指名。アジア責任者は引き続きクリストファ ー・チャン氏が務める。同部門の財務責任者にマリー・ヌーリエ氏、最 高リスク責任者にチェタン・バーギリ氏を起用するという。

原題:JPMorgan Shakes Up CIO Unit Leaders as Macris Hands Off Duties(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE